HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 脚部改造編

HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 最後の改造です。

前回の腕部改造に引き続き

HG ディランザ (一般機/ラウダ専用機) → ディランザ・ソル 改造第4回目です。 前回の腰部改造に引き続き ...

残った脚部を改造していきます!

基本的にはグエル専用機同様ですね。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:合わせ目消し

まずは脚部側面に大きく出ている合わせ目ですね。

ココはタミヤセメントを使い合わせ目消しを行います。

上の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗り30秒程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

セメントでプラが溶けてはみ出してくればOKです。

はみ出してこないようであれば再度タミヤセメントを塗るところからやり直してみてください。

はみ出して来たらそのまま1日程度放置してセメントが硬化するのを待ちます。

硬化したらペンサンダーにはNo.400のヤスリを付けてツライチに削ります。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようにツライチになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:メタルパーツ埋込

スネ後ろですね。

ココはメタルパイプに置き換えます。

肩部同様に4㎜のメタルパイプを埋め込みます。

4㎜のドリルにて開口し

4㎜のメタルパイプを埋め込みます。

現状は埋め込んでいるだけなので実際は塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:肉抜き穴埋め

足首には大きめの肉抜き穴が開いています。

肉抜き穴は股関節部やヒザ部にもあるのですが見えないのでこの辺りは処理しなくても良いと思います。

肉抜き穴はエポキシパテにて埋めてしまいます。

エポキシパテは多めに盛って1日程度放置し、エポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

上の写真のようになったらエッチングソーでのカット面含めてヤスリをNo.240→400→800の順に交換しツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その5:ビームトーチ ディティールアップ

最後にビームトーチを改造します。

ココはビームエフェクトの先端をデザインナイフで尖らせておくと良いと思います。

こんな感じですね。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造が終了となります。

残りは塗装のみですね。

グレー主体の渋い機体です・・・

グエル専用機同様少し塗り分けしながら完成させていこうと思います~

【2022/12/01】

完成しました!!

HG ディランザ・ソル ・・・ 完成です!! だいぶシックな見た目になりましたね。 ほぼほぼグレーですがホワイト~...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク