HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム バックパック改造編

HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム 最後の改造です!!

前回の脚部改造に続き

HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム 改造第5回目です。 前回の腕部改造に続き 脚部を改造してい...

残ったバックパックと武器類を改造してしまいます。

少々間が空いてしまいましたのでサクッと改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:シャープ化

まずはバックパック及びレーザー対艦刀「シュベルゲベール」のシャープ化ですね。

バックパックはスーパードラグーン取り付け部のブラックのパーツ先端が全体的にかなり丸まっています。

ココはまずニッパーにて上の赤点線部をカットします。

カットしたらカット面及び表面をペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上記写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けば作業完了です。

この作業は他にもウイング部のデッパリ

シュベルゲベールの先端部も同様に行ってシャープ化しておくと良いと思います。

スポンサードリンク



その2:〇モールド 開口 及び エッチングパーツ貼付

お次はクスィフィアス3 レール砲の〇モールド及び超高インパルス砲「アグニ」の〇モールドを開口します。

1.0㎜のピンバイスにて開口するのみです。

どちらも少々味気ないため塗り分けを細かくして密度感を上げたいと思います。

シュベルゲベールは少々大きめの〇モールドがありますが、コチラはエッチングパーツを貼り付けてディテールアップします。

現状は両面テープで貼り付けてあるのみなので塗装後に樹脂製接着剤にて接着します。

シュベルゲベールも塗装時にもう少し塗り分けたいですね。

スポンサードリンク



その3:肉抜き穴埋め

バックパックのウイング部基部には肉抜き穴があります。

結構ガッツリ開いていますね。

ココは0.5㎜のプラバンに0.3㎜のプラバンで適当なディティールを作って埋めてしまいます。

肉抜き穴に合わせてサイズに0.5㎜のプラバンをカットしタミヤセメントにて接着し上に4㎜×12㎜程度にカットした0.3㎜のプラバンを貼り付けてディティールとしています。

1日程度放置してセメントが硬化したらスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造は終了となります。

スーパードラグーンは側面にグルリとパーティングラインが出ているためそれらもしっかりとヤスリがけして消しておくと良いと思います。

さてこれにて残すは塗装のみとなりますが、実際にはもう塗装済みとなりますので明日には完成品をお見せ出来ると思います。

完成品のお披露目まで少しだけお待ちください。

【2022/01/20】

完成しました!!

HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム・・・ 完成です!! 少々時間がかかってしまいましたがやっとの完成と...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク