HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム 脚部改造編

HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム 改造第5回目です。

前回の腕部改造に続き

HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム 改造第4回目です。 前回の腰部改造に続き 腕部を改造してい...

脚部を改造していきます。

本体としては今回が最後ですね。

・・・バックパックと言う大物が最後に控えていますが(汗)

サクッと改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:スジボリ・プラ板でのディティール追加

今までの箇所同様に脚部もスジボリ及びプラバンにてディティールアップしていきます。

まずはモモ部上部及びスネ後ろのスラスター部にあるパーティングライン及び不要なディティールを削除しちゃいます。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

処理後はスジボリ+プラバンの貼り付けにてディティールを増やします。

モモ部は前面に0.3㎜のプラバンを上底:4㎜ 下底:6㎜ 高さ:6㎜にカットしたものを逆さまにしてタミヤセメントにてモモ上部に接着しています。

1.0㎜のピンバイスにて〇モールドも追加しています。

ココはフロントスカートをかぶせるとほとんど見えなくなるのですが、ポージング時にチラ見えする効果を狙っています。

また、スネ部後ろには上部に0.3㎜のプラバンを1㎜×3㎜にカットしたものを貼り付け、下側には0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリを追加しました。

スポンサードリンク



その2:スラスター ディティールアップパーツ置換

ヒザ部についているスラスターと足甲部についているスラスターですね。

コチラは色分けを簡単にするために別パーツ化しておきます。

ヒザ部は元々のディティールをニッパーなどでカット後ペンサンダーにてツライチに削り落として、足甲部はそのままコトブキヤ P126 を貼り付けて使います。

グレー及びライトグレーにて塗装後にタミヤセメントにて貼り付ける形ですね。

スポンサードリンク



その3:肉抜き穴埋め

足の肉抜き穴を埋めます。

足裏先端部はガッツリ開いていますね。

ココはエポキシパテにて埋めてしまいます。

裏側の凹部にエポキシパテを埋め込んで1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨きます。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

これで残すはバックパックですね。

パーフェクトストライクフリーダムのかなりの容量を占めるパーツになっているため改造量はそれほど無いのですが処理自体は結構時間がかかる箇所となります。

次回が最後の改造となるため最後までしっかりと改造していきましょう!!

【2022/01/19】

バックパック改造開始しました!!

HGGBB ガンダムパーフェクトストライクフリーダム 最後の改造です!! 前回の脚部改造に続き 残ったバックパッ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク