MG ザクウォーリア(ライブコンサートVer.) 頭部改造編

それでは早速 MG 1/100 ザクウォーリア(ライブコンサートVer.)改造していきます!!

レビューでも書いていますが

2021年03月12日 にガンダムベース限定で発売が開始された MG 1/100 ザクウォーリア(ライブコンサートVer.)のレビュー...

今回はブラッシュアップしていく形になるので、以前作成したMG ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機)→ MG スラッシュザクファントム(イザーク・ジュール専用機)の改造と似た感じにはなると思います。

MG 1/100 ZGMF-1000/A1 ガナーザクウォーリア(ルナマリア・ホーク専用機) → MG スラッシュザクファント...

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1: モノアイのディティールアップ

まずはモノアイのディティールアップを行います。

残念ながらモノアイレールにシールの方式です・・・

ココはVCドーム + メタルプレートに置き換えていきます。

今回はハイキューパーツ のVCドーム2.5mmと 同じくハイキューパーツのメタルプレートを使用しています。

現状は両面テープでくっつけているだけですね。

トップコート後に樹脂製接着剤にて接着します。

それまで無くさないようにしてください。

合わせて、モノアイガードを外しておきます。

こうすることでモノアイがよりキレイに見えるようになります。

スポンサードリンク



その2:〇モールドのメタルパーツ化

ヘルメット部後ろに薄く〇モールドがあります。

ココをメタルパーツ化していきます。

1.0mmのピンバイスにて開口し・・・

面取りビットにて周囲と整え・・・

1.0mmのメタルボールを埋め込んでいます。

スポンサードリンク



以上にて頭部の改造は終了となります。

改造少なめですね。

基本ザクウォーリア自体の出来が良いためあまり改造しなくてもかなり出来の良いモデルになると思います。

但し上記していませんが、モールドが結構甘いため頭部も含め0.2㎜のMr.ラインチゼルを使い掘り直し

全体的にスポンジ研磨材にて表面を磨いておいた方が良いと思います。

上で紹介しているものですね。

#320-600相当にて全体を磨き、#800-1000相当にて仕上げる形です。

艶ありで仕上げる場合はその後 #1200-1500相当まで磨くと良いでしょう。

こんな調子で仕上げていけばキレイなザクウォーリアが出来ると思います。

それでは改造完了までドンドン作業進めていきましょう~

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク