HGUC ジムスパルタン 胸部改造編

HGUC ジムスパルタン 改造第2回目です。

前回の頭部改造に引き続き・・・

プレバンより2022/12/16 に発送されたHGUC ジムスパルタン・・・ レビューでも書いたように さっそく...

胸部を改造していきます!

今回は胸部と合わせてバックパックも改造しています。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:センサー部 ディテールアップ

まずは左肩部のセンサーのディテールアップですね。

ココは2.0㎜のピンバイスにて開口して

メタリックテープを貼り付けたうえに

H・アイズを取り付けます。

現状イエローのモノが足りないため便宜上ピンクのモノを取り付けていますが完成時には設定通りイエローのモノに置き換えます。

接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

また後ろ側は肉抜き穴になっているため

コトブキヤ P114 の「1.5」をタミヤセメントにて貼り付けてふさいでいます。

スポンサードリンク



その2:メタルボール埋込

胸部上面の〇モールドですね。

少々ディテールが甘いこともあるので1.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて整えて

1.0㎜のメタルボールを埋め込みます。

現状は埋め込んでいるのみなので接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:開口処理

その2に続き○モールド部を開口していきます。

サイズが小さいためメタルパーツ化は出来ませんが開口するだけでもモールドが綺麗に見えます。

0.5㎜くらいのピンバイスにて開口してやると良いと思います。

モールドがはっきりしました。

スポンサードリンク



その4:シャープ化

最後にバックパックに装着されたヒートナイフをシャープ化しておきます。

先端部がだいぶ丸まっているのでペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープに削り込んでいきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようにツライチになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

こんな感じでどんどん改造続けていきましょう!

とは言えグフハンターもあるのでなるべくはおんなじくらいのペースが良いかな?

【2022/12/28】

腰部改造開始しました!!

HGUC ジムスパルタン 改造第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き・・・ 腰部を改造していきます! 腰...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク