HGUC ジムスパルタン 腰部改造編

HGUC ジムスパルタン 改造第3回目です。

前回の胸部改造に引き続き・・・

HGUC ジムスパルタン 改造第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き・・・ 胸部を改造していきます! 今...

腰部を改造していきます!

腰部はホントに改造箇所少ないので合わせてミニガンも改造しています。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:左サイドスカート ディテールアップ

まずは左サイドスカートのディテールアップですね。

ココは0.3㎜のプラバンを以下の形状にカットしたものをタミヤセメントにて貼り付けます。

1日程度放置してセメントが硬化したら1.0㎜のピンバイスにて開口して

1.0㎜のメタルボールを埋め込みます。

現状は埋め込んでいるのみなので接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その2:ディティールアップパーツ置換

お次は右サイドスカートですね。

ハンドグレネードはしっかりとしていますが先端部にパーティングラインがあるのとレッドで塗り分けたい関係でこのモールドは削り取ってしまいます。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチにに削り込んでいきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨きココにコトブキヤ P101 の「3.0㎜」を貼り付ければOKです。

現状は両面テープで貼り付けている状態ですね。

塗装時に塗り分けした後に接着します。

スポンサードリンク



その3:ミニガン ディティールアップ

腰部はサイドスカートを少し弄るだけで良いですね(笑)

それではミニガンを改造していきます。

まずは前方持ち手部にある肉抜き穴埋めですね。

エポキシパテを盛りつけて形状を変更します。

多めにエポキシパテを盛って一日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.120のヤスリを付けてツライチに整えていきます。

形状が整ったらヤスリをNo.240→400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

またスコープ部はVCドームを貼り付け

銃口部はガトリング部は1.0㎜のピンバイスにて開口し

ハンドガン部は2.5㎜のピンバイスにて開口

それぞれにメタルパイプを埋め込んでいます。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

腰部の改造と言うよりもミニガンの改造がメインですね(笑)

このキットはホントに良く出来ており改造箇所も特に無く逆の意味で困ってしまいますね。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク