MG ブレイジングガンダム 頭部改造編

それでは早速MG版 ブレイジングガンダム改造開始したいと思います!

まずは頭部からですね。

改造開始時にも書いたように

2021年12月11日 に発売されます HGGBB ブレイジングガンダム・・・ に合わせて! MG版ブレイジングガ...

ベースはMGデスサイズヘルを使用していきます。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:トサカ部形状変更

まずはトサカ部の形状をブレイジングガンダムに合わせて変更していきます。

上の写真の赤斜線部をエッチングソーにてカットし、カット面の上側に0.5㎜のプラバンをタミヤセメントにて貼り付けてブレイジングガンダムのトサカ部形状を再現します。

1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてプラバン周りを磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツルツルになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨き元々アンテナが付いていた箇所にコトブキヤ P125を取り付けてます。

アンテナ部はMGゴッドガンダムのモノをそのまま使っています。

スポンサードリンク



その2:フェイス部形状変更

お次はフェイス部ですね。

ブレイジングガンダムのフェイス部はへの字も無く、アゴも無いツルっとした形状です。

デスサイズヘルはドチラも有りなためすべて削り落とします。

顎部はフェイス部との隙間があるため瞬間接着パテを盛ってくっつけます。

しっかりと盛ったら瞬間接着剤硬化剤を使い固めてます。

後はペンサンダーにてフラットに削り込んでいけばOKです。

ヤスリはNo.240→400→800の順で磨いていくと良いかと思います。

スポンサードリンク



その3:バルカンのメタルパーツ化

最後にバルカンをハイキューパーツ製の1.5mmのメタルパイプに置き換えていきます。

モールド部をペンサンダーにて削り落とし開いた箇所にメタルパイプを埋め込めばOKです。

現状は置いてあるのみです。

接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

形状は各部ブレイジングガンダムとなりましたが、色がデスサイズヘルのままのため見た目がソッチに引っ張られてますね(汗)

一度サフを吹いて形状確認してみようと思います。

次回は胸部もしくはブレイジングマスクを作成していきます。

【2021/12/08】

胸部改造開始しました!!

MG版 ブレイジングガンダム改造 第2回目ですね。 今回は前回の頭部改造に続き 胸部を改造していきます。 ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク