HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 胸部改造編

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第2回目です!!

前回の頭部に引き続き

『ガンダムブレイカー バトローグ』よりガンダムリヴランスヘブン が発売されました!! レビュー時に書いたように ...

胸部を改造していきます!

今回もバランス調整を行うのですが少々面倒くさい改造も行っているため気合を入れて作業していきましょう!!

それではさっそく改造スタートです!!!

スポンサードリンク



その1:胸部 シャープ化

HGである関係で肩部及び側面部のディティール先端がだいぶ丸まっています。

ココはペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープに削り込んでいきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その2:メガソニック砲 ディティールアップ

腹部に備えたメガソニック砲ですね。

腹部と一体成型のため少々モッサリした感じですね。

また少し内側に埋め込まれ過ぎている感じがするのでココはWAVE NEW U・バーニア【角】S の「8」を貼り付けてシャープな造形且つ少し前面に飛び出した形にします。

塗装にてゴールド及びライトグレーにて塗装したいため現状は両面テープで止めています。

スポンサードリンク



その3:腹部 バランス調整

最後に少々面倒くさいバランス調整ですね(笑)

前回頭部を1㎜後ろに下げ1㎜上に上げていますが、まだ寸詰まりな感じがします。

個人的な感覚としては腹部は太い、また短い印象です。

今回はその辺りを解消します。

まずは腹部を細くするため腹部内側にエポキシパテを盛って裏打ちします。

写真撮り忘れていますが腹部下側のパーツも同様にエポキシパテにて裏打ちします。

1日程度放置してエポキシパテが硬化するのを待ちます。

エポキシパテが硬化したら、腹部下側のパーツは2㎜程延長するために1.0㎜のプラバンを2枚タミヤセメントにて貼り付けます。

この時腰部との接続用のポリキャップは腹部にはめ込んでおきましょう。

大きめにカットしたプラバンを1枚貼り付けてセメントが硬化したらニッパーで大まかにカット・・を2回繰り返せば楽にできると思います。

そうしたら側面を左右2㎜くらい削り倒していきます。

結構大変な作業なのでペンサンダーにNo.120のヤスリを付けてガリガリ削り落としていきます。

こんな感じですね。

腹部下側のパーツは下側が少し斜めに細くなるように削り込んでいます。

コレはサイドスカートを広げられるようにするためです。

上記のようになったら上記処理が終わったらペンサンダーのヤスリをNo.240→400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けば作業完了です。

腰との接続部は3.0㎜のピンバイスにて開け直してやればOKですね。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

大分バランスが良くなってスッキリしたと思います。

・・・個人的には肩部の位置がまだ悪い感じですね。

この後の改造にてこの辺りもバランス調整が必要そうですね。

そんな感じでまだまだ各部改造していきます!!

少々面倒な改造ですがよりキレイなリヴランスヘブン目指して改造頑張っていきましょう~

【2021/11/17】

腰部改造開始しました!!

HGGBB ガンダムリヴランスヘブン 改造第3回目です!! 前回の胸部に引き続き 腰部を改造していきます! ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク