HGUC グスタフカール 【小説版】 腕部改造編 「ああ・・そうだ。本当にひどい・・・」

HGUC グスタフカール 【小説版】完成に近づいてきましたね!

今回で改造 第4回目になります!!

今回の改造箇所は・・・

・肩外装:スクラッチ

・肩部:形状変更

・上腕部:パーティングライン消し

・下腕部:甲部スクラッチ

・手部:ビルドパーツに変更

となります。

スクラッチ増えてますね(苦笑)

それでは細かく見ていきましょう。

スポンサードリンク



その1:肩部外装スクラッチ

グスタス・カール 【小説版】の肩部外装は 腰部のフロントスカート同様にΞガンダムに近い形状ですね。

さすがに似たような形状は存在しないのでスクラッチしていきます。

と言っても一部はマークⅡの肩部外装を使用しています。

中央部ですね。

上の写真のように形状の違う外側をエッジングソーにてカットします。

カット後はペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてカット面を磨いておきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ココに腰部フロントスカート同様に0.5mmのプラバンにて形状を作ったものを接着しています。

今回も0.5mmのプラバンは5枚張り合わせています。

前面下側のスラスターの形状出しのためですね。

その上側のデッパリは1.0mmのプラバンにて作成し貼り付けています。

キットとの隙間はエポキシパテにて埋め、形状出しをしています。

最後に肩部側面のスラスターをエポキシパテにて埋めています。

スポンサードリンク



その2:肩部形状変更

肩外装の中にあるパーツですね。

ココはマークⅡとは形状が違うため一部エッジングソーにてカットし、隙間をエポキシパテにて埋めてフラットな形状としています。

その1にて肩外装をスクラッチしたため本パーツの取り付け部が無くなっているのでココも先ほどカットしたマークⅡの肩外装からエッジングソーにて切り出し持ってきています。

ココに形状変更したパーツをくっつければ作業完了ですね。

スポンサードリンク



その3:上腕部パーティングライン消し

上腕部は今回マークⅡのモノをそのまま使います。

・・がHGUC ガンダムマークⅡ リバイブ版 の上腕部にはど真ん中にパーティングラインが横切っています。

ココはペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてキレイに磨いておきましょう。

スポンサードリンク



その4:下腕甲部スクラッチ

コチラもマークⅡとは大きく違います。

マークⅡの下腕部に0.5mmのプラバンを貼り付ける形でスクラッチしていきます。

上の写真のような感じですね。

内側に空いた隙間にはエポキシパテを詰めて形状を修正しています。

スポンサードリンク



その5:手部ビルダーズパーツ置換

今回、手部は ビルダーズパーツHD  MSハンド02(ジオン系) を使用しています。

・・・が!!

コレ、最近再販されていないんですよね・・・・

ワタシも注文してから半年くらいなしのつぶてです(泣)

現在はビルドハンズがメインなんですかね?

個人的には形状がキレイなビルダーズパーツHD  MSハンド を使用していますが、今後は変更を余儀なくされるのかな・・・

ビームライフルは一応 HGUC グスタス・カール (ユニコーンVer.) に付属しているものを現状持たせる予定です。

パーツ取り寄せ中なので間に合うかどうかってところです(苦笑)

以上にて腕部の改造は完了です。

ほとんど別物ですね(笑)

これにて残るは脚部・シールドのみとなります。

次回で作業としては完成ですね。

閃光のハサウェイ版に比べて少し早く出来上がるかな?

並べるのが目的で作成しているので、少し手元に残しておく形になります。

サイズ的に閃光のハサウェイ版に比べ少し小さめな感じになっていますが、どっちかって言うと閃光のハサウェイ版がマッシブになりすぎな感じもしますのでしょうがないですね(笑)

それではなるべく早く完成品をお見せできるようにこの後もガリガリ作成していきます。

今しばらくお付き合いください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク