HGGBB ブレイジングガンダム 脚部改造編

HGGBB ブレイジングガンダム 最後の改造です。

前回の腕部に続き

HGGBB ブレイジングガンダム改造第4回目です。 前回の腰部に続き 腕部を改造していきます。 腕部につい...

残った脚部を改造していきます。

脚部に関しても腕部同様に元々のHGFCゴッドガンダムの股関節が少々古い作りのためその辺りを大きく改造していきます!

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:股関節 形状変更

脚部最大の改造ですね。

ブレイジングガンダムのモモ部は途中で切れて股関節部の回転軸を作っている昔ながらの作りです。

これを現在風の内部フレームとモモ部に分けて分割線を失くしていきます。

モモ部股関節側の上側をエッチングソーにてカットします。

今回股関節にはHGUC F91のモノを使用していますがサイズが合えば別のキットのモノでも良いと思います。

F91にはさらにカバーが付いているためソチラはグレーに塗装して内部フレームとして使用します。

先ほどカットしたモモ部はタミヤセメントにて接着してしまいます。

接着して1日程度放置して硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

股関節側の凸部とヒザの凸部はゴッドガンダムモモ部内側のポリキャップにて受けるようにしているため少し短めにカットしています。

こうすることで今風のモモ部が分割されていないキレイな形状となります。

スポンサードリンク



その2:アンクルガード 爪部シャープ化

ココからは簡単ですね。

まずはアンクルガードの爪部をシャープ化します。

かなり先端が丸まってしまっているためペンサンダーにNo.240のヤスリをシャープに磨いていきます。

上の写真くらいになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:アンクルガード 肉抜き穴埋め

合わせてアンクルガードの肉抜き穴も埋めます。

あまり目立つところでは無いですがブレイジングガンダムはキック状態のモーションが必須なため気になる箇所ではあります。

ココはエポキシパテにて埋めておきます。

6時間程度放置してエポパテが半硬化したらデザインナイフではみ出した部分をカットしておくとこの後のヤスリがけが簡単になります。

1日程度放置にてエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて表面を整えていきます。

上の写真くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

胸部をディナイアルに変更したためかなり見た目が変わっています。

これから塗装をして完成まで持っていきます。

胸部の色が結構変わるため見た目もだいぶ変わると思いますので完成まで今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク