クレオパトラキュベレイ ダークマスクVer. → クレオパトラキュベレイ 下半身改造編

クレオパトラキュベレイ ダークマスクVer. → クレオパトラキュベレイ 最後の改造です。

前回の上半身改造に引き続き

クレオパトラキュベレイ ダークマスクVer. → クレオパトラキュベレイ 改造第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き ...

今回は下半身を改造していきます。

前回までは意外と変更点がありましたが下半身は通常版とダークマスクVer.で違う箇所は基本無いためいつものようにSDにありがちな箇所を修正していきます。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:モモ部 肉抜き穴埋め

まずは肉抜き穴を埋めていきます。

クレオパトラキュベレイのスネ部は左右の挟み込みになっているため下半身はモモ部のみ肉抜き穴があります。

ココはエポキシパテにて埋めていきます。

6時間程度放置してエポパテが半硬化したらデザインナイフではみ出した部分をカットしておくとこの後のヤスリがけが簡単になります。

1日程度放置にてエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて表面を整えていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:スカート シャープ化

お次はリアスカートをシャープ化しておきます。

上の写真の赤点線部ですね。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープにしています。

上の写真くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKですね。

スポンサードリンク



その3:足部合わせ目消し

足部はSDWヒーローズシリーズには珍しく左右の挟み込みとなっています。

そのため側面に合わせ目が出てしまっています。

ココは隙間が大きいため瞬間接着パテを盛って合わせ目を消します。

瞬間接着パテをしっかりと盛ったら瞬間接着剤硬化剤を使い固めてます。

硬化後はペンサンダーにNo.120のヤスリがけをしてツライチに磨き、ヤスリをNo.240→400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKですね。

スポンサードリンク



その4:杖 ディティールアップ

最後に武器(杖)ですね。

ディティールアップと言うか、裏側がガッツリ省略された作りのため綺麗に直しておきます。

肉抜き穴は大きい箇所はエポキシパテにて、小さい箇所は瞬間接着パテにて埋め、中央の丸い穴はコトブキヤ P114 を貼り付けて埋めています。

エポキシパテ、瞬間接着パテにて埋めた箇所はもちろんペンサンダーにて綺麗に磨いておきましょう。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造は終了となります。

ココから塗装ですね・・・

三蔵ストライクフリーダムでも書いていますが、クレオパトラキュベレイは少々塗り分けが大変そうなので時間がかかりそうですが、なるべく早く終わらせられるように頑張っていこうと思いますので完成まで今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク