フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP 腕部改造編

ガンダムSEED フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP 改造第4回です。

前回の腰部改造に続き

ガンダムSEED フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP 改造第3回です。 前回の胸部改造に続き 腰...

腕部の改造を行います。

改造も半分を過ぎました。

ここからはスピードアップして完成まで持っていきましょう!

それでは早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:肩アーマー スラスター部ディティール追加

まずは肩からですね。

コチラもかなり細かくディティールが入っています。

一部気になったのがスラスターが少々味気ない感じでした。

ココはコトブキヤ P126 ダクトノズルⅢ の「4」を貼り付けてディティールアップします。

そのままだとサイズが少し大きく入らないため側面を少し削ってはめ込んでいます。

こうすることで塗り分けもしやすくディティールとしても密度感がアップするので良いことづくめですね!

内部はゴールドにて塗装する予定です。

スポンサードリンク



その2:腕部ディティール作り直し

お次は上腕及び下腕にあるパーティングラインを消していきます。

特に上腕部はパーティングライン上にディティールがあるため一度パーティングラインごとディティールをペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてツライチに削り落とします。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.800のヤスリを変えツルツルになるまで磨きます。

そこに0.3㎜のプラバンを0.5㎜×0.5㎜程度にカットしたものを流し込み式セメントにて貼り付けます。

後ろ側にもディティールがあるため同様の手順にてディティールを復活させます。

下腕はパーティングラインを普通に消せばOKです。

スポンサードリンク



その3:下腕部 モールド作り直し

コチラも作業としてはその2と同様ですね。

下腕部のシールド取り付け部側面に〇モールドがあります。

やはりパーティングラインの上に乗ってしまっているため一度No.400のペンサンダーにて削り落としNo.800のヤスリにてツライチに整えます。

その後1.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて整えてから

メタルボールを埋め込みました。

現状は置いてあるだけなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

スラスター部の改造がちょっとだけやりづらいですが、そこ以外はすぐに終われると思います。

残すは脚部とバックパックに武器類ですね。

もう少しで完成となります。

最後までしっかりと改造していきましょう!!

【2021/09/08】

脚部改造開始しました!!

ガンダムSEED フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP 改造第5回です。 前回の腕部改造に続き 脚...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク