HGGBB ガンダムバルバタウロス→ガンダムバルバリック 胸部改造編

2022/01/15に発売された HGGBB ガンダムバルバタウロス →ガンダムバルバリック 改造第2回目です。

前回の頭部改造に引き続き

2022/01/15に発売された HGGBB ガンダムバルバタウロス・・・ 早速改造開始します!! レビュー時に書いたよ...

胸部を改造していきます。

胸部は基本的にバルバタウロスとバルバリックは共通のため(腹部下のパーツを外すのみ)

各部ブラッシュアップしていく形になります。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:シャープ化

まずは各部シャープ化ですね。

バルバタウロス胸部はデザイン上はかなりツンツンした作りになっていますが、HGであるためにその辺りが丸まってしまっています。

このせいで大分見た目で損をしている感じです。

上の赤○部をシャープ化して見た目を良くしていきましょう。

各部小さいためニッパーなどは使わずにペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて慎重に磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上記写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その2:スジボリ・プラ板でのディティール追加

まずは胸部上面ですね。

MGを意識して中央部に横対角:3㎜ 縦体格2㎜にカットした0.1㎜のプラシートを凹部に、中央部は同サイズにカットした0.3㎜のプラバンを流し込み式のセメントにて貼り付けています。

バックパックには中央部スラスター上に0.5㎜のプラバンを以下の写真のようにカットしたものを貼り付け、その横には0.5㎜のBMCタガネにてスジボリを追加

また、側面には0.5㎜のプラバンを上底:5㎜ 下底:7㎜ 高さ:6㎜にカットしたものを貼り付け下側に0.5㎜のBMCタガネにて3㎜ほどスジボリを追加しました。

コチラもMG バルバトス意識ですね。

スポンサードリンク



その3:安全対策 除去

ガンダムフレーム腹部ですね。

共通パーツの処理ですが、シリンダーと脊椎部の隙間に安全対策が施され、太くなっているためココをエッチングソー及びデザインナイフにてカットしておきます。

最後にデザインナイフでカンナ掛けをしてカット面をきれいに整えておきましょう。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

大分シャープになってきたことにより外連味が増してきた印象です。

バルバトスはやはり良い意味でハッタリの効いた造形にしていきたいですね。

この調子でカッコイイバルバリックに仕上げていきたいと思います!!

【2022/01/20】

腰部改造開始しました!!

HGGBB ガンダムバルバタウロス →ガンダムバルバリック 改造第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き 腰部を...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク