HGAC ガンダムアスクレプオス (旧設定Ver.) 腰部改造開始!!

HGAC ガンダムアスクレプオス 改造第3回目です。

前回の胸部に引き続き

HGAC ガンダムアスクレプオス 改造第2回目です。 前回の頭部に引き続き 胸部を改造していきます。 頭部...

腰部と接近戦モード胸部を改造していきます。

腰部は基本設定と変更点がありませんが、接近戦モード胸部は結構形状違うためその辺りメインでの改造となります。

それではさっそく改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:フロントアーマー部 パーツ入れ替え

ジェミナス01改造時には腰部は基本無改造でした。

HGAC ガンダムジェミナス01 → HGAC ガンダムL.O.ブースター改造・・・ やっとの完成です!! かな...

今回も正直ほぼほぼそのままで問題無いのですが(笑)

余剰パーツが多いキットなので少しだけパーツを入れ替えておきます。

フロントアーマーの後ろの部分ですね。

ホワイトとグレーのパーツが入っており説明書通りですとホワイトのパーツを使うことになっています。

塗装してしまう人にとってはどちらでも問題無いのですが、素組の方もしくは簡単塗装派の方はグレーのパーツを使ってみると色分けが増えて良いのではないかと思います。

こんな感じですね。

あまり見えない箇所ではありますが、ワタシも良くホワイト部はライトグレーで塗装するのでこのように近い色に置き換えてみるのも面白いと思います。

スポンサードリンク



その2:リアスカート 肉抜き穴埋め

お次はリアスカートですね。

形状的に少し裏側が見えることがあり気になる箇所です。

ココはポリパテにて埋めてしまいます。

1日程度放置してパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったら上の写真のように0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリを、0.5㎜のピンバイスにて〇モールドを追加しています。

スポンサードリンク



その3:接近戦モード胸部ダクト形状修正

旧設定では通常モードのダクトと接近戦モードダクトが2重に重なるようなデザインでしたがリファインされた接近戦モードでは通常モードのダクトが覆いかぶさるような形状となっています。

そのためまずはダクト下部をエッチングソーにてカットします。

カット面は1.0㎜のプラバンにてタミヤセメントを使いくっつけてふさぎます。

1日程度放置してセメントが硬化したら外周に合わせて形状をペンサンダーにて削りツライチに合わせます。

ダクト部も以下の赤点線部をエッチングソーにてカットし

旧設定に合わせて表面のディティールを削り落とし中央に0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリを追加し形状を変更します。

こうすることで旧来のダクトが2連になる形状へと変更できました。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

腰部と言うよりは今回も胸部改造ですね(笑)

中々大がかりな改造箇所でした。

次回の腕部も結構形状が違うため大がかりな改造になりそうです(汗)

頑張って旧設定に戻していこうと思います~

【2022/03/07】

腕部改造開始しました!!

HGAC ガンダムアスクレプオス 改造第4回目です。 前回の腰部に引き続き 腰部と接近戦モード胸部を改造していき...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク