HG IBO ガンダム・端白星 【ASW-G-35 マルコシアス】 頭部改造編

そんな訳で HG IBO ガンダムバルバトスと

同じく HG IBO ガンダムバエル より改造を始めたHG IBO ガンダム・端白星(ASW-G-35 マルコシアス)です!!

まずはいつも通り頭部を改造しています。

改造完了状態をお見せすると・・・

こんな感じですね。

HGUC グスタフ・カール 小説Ver.のように少々パテの固まりっぽくなっていますが(笑)

グスタフ・カールよりは元の状態が見えていますね。

他の箇所も一部改造しているのが見えますが・・・・

さっそく改造箇所を細かく見ていきます!!

スポンサードリンク



その1:フェイス部修正

まずはフェイス部ですね。

への字が無いイケメンフェイスな端白星です。

顎部も通常のガンダムに違い形状で、逆に鉄血のオルフェンズではめずらしい形状です。

基本的にはバエルのフェイス部をそのまま使用しますが、後ハメ加工をするために上面の取り付け部をニッパーでカットし小顔化のために両サイド及び裏側をペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて少し削っています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

狙ったサイズになったらペンサンダーのヤスリをNo.400 →No.800の順にヤスリを付け変えてキレイに磨いておきます。

合わせて青いパーツは不要となるため外してしまいます。

最後に顎部を1.0mmのプラバンを貼り付けて作成しています。

スポンサードリンク



その2:アンテナ部の形状変更

ココもベースはバエルのモノを使用しています。

ですが中心部以外はほぼ使用しないのでカットしてしまう部分がほとんどですね。

上の写真の赤斜線部はカットしてしまいます。

ニッパーなどでカットした後カット部をペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてキレイに磨いておけば良いと思います。

青斜線部は青パーツを外した後でエポキシパテにて埋めてしまいます。

多めに埋めた後にデザインナイフで上の写真の形状に削るとやりやすいと思います。

最後にアンテナをプラバンにて作成します。

上の写真のような形状ですね。

左右のアンテナはベースを1.0mmのプラバンにて作成し、その後青線部に0.3mmのプラバンを貼り付けてディティールとしています。

赤線部Mr.ラインチゼルの0.2mmを使用してスジ彫りを追加しています。

中央部のアンテナも1.0mmのプラバンにて作成し、Mr.ラインチゼルの0.2mmを使用してスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



その3:トサカ部の改造

ガンダムバエルのトサカ部は先端がとんがった形状をしているためペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてガリガリと削って平らにしています。

少々小さい感じなので1.0mmのプラバンを足して上方向に伸ばしています。

上の方法と同じように後ろ側も平らにしています。

最後に下の写真の赤線部にMr.ラインチゼルの0.2mmを使用してスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



その4:頬部の改造

ここは大きく形状が違うため、エポキシパテを盛って形状を大きく変更しています。

やはり多めに盛った後にデザインナイフで削っています。

削った後はペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてキレイに形を整えたらMr.ラインチゼルの0.2mmを使用しスジ彫りを追加し最後にペンサンダーのヤスリをNo.800に変えて磨いています。

スポンサードリンク



以上にて頭部改造は完了です。

少し首が長く感じるかもしれませんが、ここには胸に追加パーツが付くためワザと長めにしています。

この後も端白星改造続けていきます!!

グスタフ・カールに比べれば初心者の方でも比較的簡単に改造出来る形状だと思いますので一緒にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク