HG IBO ガンダム・端白星 【ASW-G-35 マルコシアス】 全改造完了!!

さて前回の改造で本体の改造が終了しておりますHG IBO ガンダム・端白星 【ASW-G-35 マルコシアス】・・・・

長いことほったらかしていた(汗)HG IBO ガンダム・端白星 【ASW-G-35 マルコシアス】ですが・・・サムネの通り本...

すべての改造が完了しました~!!

残す改造はバックパック・ウイング・シールドとなっておりましたが・・・今回すべてを一気に改造してしまいます!!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:バックパックスクラッチ

バックパックはまず中央部を1.0mmのプラバンにてスクラッチしています。

サイズは上記写真の通りですね。

内側のフィンは別パーツ化して後で塗り分けしやすいようにしています。

左右のスラスターはバエルのバックパック内側のパーツを切り取って使用しています。




その2:ウイング部スクラッチ

端白星が最初にお披露目されたときの画稿では・・・ 

この後ろ姿でした。

設定画を見るとリアスカートにウイングパーツが取り付けられているようですが

正直最初の後ろ姿を再現したいため接続箇所をサイドスカートに変更しています。

バエルのウイング基部がちょうど良く使えるというのもあります。

形状的に少々違うのですが、今回は不要なディティールを削り取るのみとしてそのまま使用しています。

このウィング基部に1.0mmのプラバンで作成したウイングを貼り付けて端白星のウイングを再現しています。

内側に0.2mmのMr.ラインチゼルを使用してスジ彫りを追加しています。

ウイングを付けると見た目的にどっしりとした形状に変わりますね。

スポンサードリンク



その3:シールド部スクラッチ

今回はほぼほぼスクラッチですね(笑)

最後に特徴的なシールドをスクラッチして完成です。

基部と頭頂部を1.0mmプラバンで作成し、その周りにエポキシパテを盛って形状出しをしています。

最初は爪部の可動とパールバンカーの可動も考えたのですが、シールドがかなり厚くなってしまうため今回は見た目重視でオミットしています。

取り付け部はジャンクパーツにて下腕部と接続しています。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造が完了しました!!

全パーツを取り付けた状態は・・・

こんな感じです!!

ウイングを取り外して・・・

この姿がカッコイイ!!

この姿に惚れたんですよねぇ~

さてこれからサフを吹いて塗装に入ります。

・・・写真を見えていただければ分かるように一部すでに塗装に入っていますが(笑)

この後しっかりと塗装して完成させていきます。

現状ある程度進んでいるのであと2~3日で完成品がお見せできる予定ですので今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク