RE/100 ガンダムリントヴルム 脚部改造編

RE/100 ガンダムリントヴルム 最後の改造第です。

前回の腕部改造に続き・・・

RE/100 ガンダムリントヴルム 改造第4回目です。 前回の腰部改造に続き・・・ 今回は腕部を改造していきます...

脚部を改造していきます!

今回はそれほど大変な改造は無いのでサクッと終わらせて一緒に武器類も改造していきます!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:モモ部 肉抜き穴埋め

ココは肉抜き穴なんですかね?

バウのときからあるのですが、凹型にへこんでいます。

特に接続パーツも無いのですが周りのディテールと比べるとやたらにへこんでいるためダボ穴見たく見えてしまいます。

ココはポリパテにて埋めてしまいます。

ポリパテは多めに盛って1日程度放置してパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルに磨いておけばOKです。

スポンサードリンク



その2:ヒザ・スネ部 メタルパーツ埋込

お次はヒザ部及びスネ部にメタルパーツを埋め込んでいきます。

ヒザ部赤○部は1.0㎜のピンバイスにて穴を空け

面取りビットにて周りを整えて

1.0㎜のメタルボールをを埋め込んで、下側の赤矢印部はエッチングパーツを貼り付けてディテールとしました。

スネ内側のスラスター部は

2.0㎜のピンバイスにて開口し、同じく2.0㎜のメタルパイプにてスラスターモールドをはっきりしています。

メタルパーツは塗装後に樹脂製接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:武器類 改造

脚部はその2までで簡単に完了ですね。

合わせて武器類を改造します。

ビームライフルについては

銃口部を2.5㎜のメタルパイプを埋め込み、スコープ部をVCドーム貼り付け、パイプ部はスプリングパイプに置き換えています。

シールドは簡単に新規追加パーツにある3連の〇モールドを1.0㎜のピンバイスにて開口しています。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

ココから塗装に入ります。

素組ですと全体的に少々のっぺりした感じがあるので塗装時に塗り分けを増やして密度感を上げたいですね!

デカールも付属しているキットなのでその辺りもしっかりと貼りつけて完成させたいと思います!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク