HG フォーンファルシア バックパック改造編

HG GUNDAMAGE フォーンファルシア 最後の改造です!

前回の脚部改造に引き続き

HG GUNDAMAGE フォーンファルシア 改造第4回目です! 前回の腕部改造に引き続き 脚部を改造していきま...

残ったバックパックと武器を改造していきます!

それでは早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:バーニア メタルパーツ化

バックパック後ろにモールドされているバーニア部ですね。

ファルシアのときからそうですが、なんだか分からないレベルでダルダルです・・・

ココはメタルバーニアに置き換えます。

5㎜のドリルにて開口し、メタルバーニアを埋め込みます。

6.0㎜のバーニアを少しはみ出るように取り付けています。

内側のパーツはMr.カラー GXメタルブルーにて塗装しています。

これを塗装後に樹脂製の接着剤にて接着して作業完了です。

スポンサードリンク



その2:シャープ化

左右の伸びた羽及び首横部をシャープ化します。

上の赤点線部をNo.240のヤスリを付けてシャープに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

また、青点線部には合わせ目が出ているため瞬間接着パテにて塞ぎ、瞬間接着剤硬化剤にて固めてしまいましょう。

瞬間接着パテが硬化したらNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルになるまで磨いておけばOKです。

スポンサードリンク



その3:フォーンファルシアバトン 改造

最後にフォーンファルシアバトンを改造します。

まずは花弁の先端をシャープ化します。

これはファルシアビットも同様ですね。

合わせて同様にビーム口も1.0㎜のピンバイスにて開口します。

ココには1.0㎜の真鍮線を埋め込み・・・

アクリル板にも同様に1.0㎜のピンバイスにて開口し接続します。

・・・破損して1個ファルシアのビットになっているのは内緒です(笑)

アクリル板はマスキングして魔法陣エフェクト的に塗装します。

スポンサードリンク



以上にて全ての改造が終了しました!!

これから塗装ですね。

ファルシアはパーツ数的にも塗り分け的にもそれほど大変では無いためすぐに完成品をお見せできると思いますので少しだけ待っていただければと思います~

【2022/07/27】

完成しました!!

HG GUNDAMAGE フォーンファルシア・・・ 完成です!! エフェクト作ったりしていたらだいぶ時間かかりました(笑...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク