HG ドアン専用ザク 塗装編

ドアン専用ザク 改造第5回目です!!

・・・改造と言うか塗装ですね。

前回の脚部改造にて

ドアン専用ザク 改造第4回目です!! 前回の腕部改造に続き 脚部を改造していきます!! 改造としては今回で...

改造自体は終わりましたが、ドアン専用ザクの劇中再現と言うことで塗装ハゲや汚しを入れていこうと思います。

直近ですと HGIBO ジークルーネにて キャンディ塗装やラップ塗装と言った少し特殊な塗装をしました。

HGIBO ジークルーネ ・・・ 完成です!! いつもとは違い少し塗装に凝った改造にしてみました。 前回の塗装編に...

今回もそんな感じで少し特殊な改造をしていこうと思います~

スポンサードリンク



その1:剥がれ塗装 下地編

まずは剥がれ塗装ですね。

下地としてガイアノーツ NAZCA メカサフ へヴィをエアブラシで吹きます。

下地塗装は通常通りですが例えば下地に金属色を見せたい場合は上記の上にシルバー系の塗料を吹くか

シルバー系のサフを吹いておきましょう。

通常の塗装でしたらこのまま外装の色に塗装していくのですが、今回は剥がれ表現をするためにサフを吹いた外装で剥がれ表現をしたい箇所ににGSIクレオス Mr.シリコーンバリアーを大雑把に塗ります。

この時シリコーンバリアーはあまりべちゃべちゃに付けないようにしてください。

大量にシリコーンバリアーを塗ると触っただけで塗装がはがれてしまう状態になるため薄く1~2回塗る程度で十分だと思います。

このままシリコーンバリアーが乾くまで放置し、しっかりと乾いてから本塗装を行います。

スポンサードリンク



その2:剥がれ塗装 本塗装 + はがし

その1から本塗装を行います。

塗装自体は普通にエアブラシにて好きな色にて塗装します。

そのまま塗料が乾いたら表面の塗料をはがしていきます。

サフ→シリコーンバリアー→塗料とサフと塗料の間にシリコーンバリアーを塗布したことにより外装の表面をつまようじなどの先端が尖ったもので軽くひっかいてやると簡単に塗装部のみはがすことが出来ます。

こんな感じでひっかいてやると

表面の塗料のみはがれてサフ面が出てきます。

あまり多く剥がさずに少し足りないかな?くらいで良いと思います。

先ほども書いたようにシリコーンバリアーの塗布量によっては作業中に意図せずはがれてしまう箇所も出てくると思いますので・・・その辺りも味としては良いと思います。

スポンサードリンク



その3:ウェザリング

お次はは全体的に タミヤ エナメル塗料 ブラック・ブラウン・グレーなどを薄ーく薄めたものを塗ります。

ヨゴレ表現ですね。

頭頂部は一番薄く、足に向かって濃くなるように塗っていくと良いと思います。

あとはパーツとして敵に当たりやすい腕なども濃いめにしておくとそれっぽくなります。

濃すぎたりダマになってしまったような箇所は 薄め液にて拭き取ったり、その後再度塗り直したりして調整してください。

付けすぎた箇所を薄め液で拭き取る際はあまり強く擦るとそれだけで外装が剥がれてきたりもするので優しく拭き取ってやってください。

そこにタミヤウェザリングマスターを使いさらに汚れを追加します。

傷が無いところでも足元などは同様の手段で汚れを強めに表現してやると良いと思います。

付属のデカールと相まってかなり良い感じに仕上がってきました。

スポンサードリンク




以上にて汚し塗装は完了です。

最後にメタルパーツを埋め込んで完成ですね!!

すでに概ね完成しておりますのですぐに完成品をお見せ出来ると思います!!

【2022/08/11】

完成しました!!

HG ドアン専用ザク ・・・ 完成です!! ずいぶんと再販かかっていますね。 映画かなり人気の様で何よりです!! ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク