初心者向けガンプラ改造術 HGUC 203 Zガンダム サフ 塗装編 その2

それでは、前回の続きにてマスキング作業を行っていきます。

まずは、ウルトラブルーで塗装する箇所でマスキングが必要なパーツのマスキングをします。

具体的には腕部ですね!!

上の写真のように肩部と上腕部の赤〇の箇所は橙黄色で塗装してあります。

ここは付属のシールでマスキングを行えばキレイにマスキングできると思います。

シールは結構しっかりと貼ってください。

軽く貼ると塗装がしみてしまうことがあります。

合わせて個人的な趣味でハイパーメガランチャーの先端部をホワイトとしてみたいと思います。

上の写真のようにしています。(写真は塗装完了後です。)

この部分も合わせてマスキングを行っています。

これでウルトラブルー部のマスキングは完了です。

お次は白いパーツをRGのように2色とするため、白サフ→EX-ホワイトで塗装したパーツにさらにサフを塗ってライトグレーを追加します。

場所として、腕部は上腕部・肘関節部

腰部はフロントアーマー部・サイドアーマー部

裏側もライトグレーとしています。

脚部は腿部・膝関節部・腿部・足部

となります。

・・・結構な数のパーツを塗り分けてました(苦笑)

(上記の写真は塗り分け後の写真です。)

今回は個人的な好みでかなりの数を2色塗り分けしていますが、この辺は個人的な趣味でどこまでやるか決めて問題ありません。

白一色が好きな人は、この作業は必要ありませんし もっと細かく分けてみたいと思われる方はそういったチャレンジも全然アリです!!

ハイパーメガランチャーのホワイト部分も同様ですね。

最後にサフ ヘヴィを塗装する箇所でマスキングが必要な箇所の処理を行っていきましょう!!

まずは、胴体と肩のつなぎのパーツです。

写真のように内側をサフ ヘヴィで塗装しています。

合わせてシールドです。

写真のように内側をサフ ヘヴィで塗装しています。

最後にグレネードランチャー部をマスキングします。

グレネードランチャーのみ赤、基部はグレーとしますので赤部のみマスキングしてください。

ここまでマスキングが完了したら、1日目の作業は完了となります。

今回行っている箇所のマスキングに難しい箇所は正直ないと思いますので、頑張ってマスキングを行いましょう。

注意点としてはマスキングをする際はカットするためのデザインナイフの刃は必ず新しいものに交換してください。

マスキングするに当たっての一番の注意点は上記です!!

しっかりとカットできるように新品の刃を使いましょう!!

それでは、ここから2日目の塗装作業に入ります。

5:ウルトラブルー

6:サフ

7:サフ ヘヴィ

の順で塗装を行います。

基本的にマスキング作業も完了していますのでそのまま塗装してください。

サフ→サフ ヘヴィ塗装時に上腕部と膝裏部のみ下の写真の赤□の箇所をマスキングしてください。

その後、サフ ヘヴィにて内部フレームとウェーブライダー差し替えパーツに加え黒に塗装するバックパックのセンター部の黒パーツおよび脚部の黒パーツの下地を作るために塗装します。

これらが終われば2日目の塗装作業は完成となります。

この後は塗装3日目に向けて、ウィング部・ライフル部・シールド部・肘部・膝裏部のマスキングを行います。

それらの作業はその3にて行いますので見ていただければと思います。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク