RE/100 ハンマ・ハンマ 腕部改造編 :初心者向けガンプラ改造術

残すところ腕・脚部のみとなりました。(後、盾・・・)

この調子でガンガン改造していきたいと思います。

その1:肩部 ヒケ処理

最難関?の肩部の処理を行っていきます。

最も平らな面が多い肩部はヒケ処理がメインとなります・・・

下の写真のように所々にヒケが発生しております。

この写真はNo.800のヤスリで軽くヤスリがけをしたものです。

ヒケが見えなくなるようにペンサンダーにNo.400→800の順でヤスリを付けて、ヒケ処理を行ってください。

ヒケが無くなれば作業完了です。

その2:肩部ディティールアップ

肩部を少しだけディティールアップしてみます。

まずは下の写真に示す箇所に1.0mmのピンバイスで穴を空けメタルボールを埋め込んでみました。

メタルボールなどの金属パーツはディテールアップにはうってつけのモノですが、あまり大量に貼り付けるといやらしく見えてしまうので少々物足りないかな?くらいの量が適切だと思っています。

合わせて左肩にビルダーズパーツHD MSエンブレムレリーフ01 のネオジオンマークを貼り付けてみようと思います。

コチラですね!! ちなみに上の写真のように小さいエンブレムを胸部に取り付けようと思っております。

・・・いやぁ良い時代になりましたねぇ~

以前だったらプラバン切り出して、中央出して、パテ持って・・・なんてやりながらエンブレムを作らなきゃならなかったのに今やこの部品1パーツにて作成完了と来たもんです!!

願わくばクロスボーンのエンブレムの販売をお願いします・・・・

その3:肩部バーニアのディティールアップ

バーニアが多いことで有名な?ハンマ・ハンマですが、肩部にも相当量のバーニアが付いております・・・ 片方の肩で10個、両肩合わせて20個のバーニアが存在します!!

これらのバーニアの中央部に2.0mmメタルパイプを埋め込んでディティールアップを行っていきます。

かなりリッチな改造です(笑)

今回バーニアのほとんどは中央部をメタルパーツに置き換えていますが、コレだけバーニアが存在するとメタルパーツの存在感もかなりのモノになると思います。

出来上がりを楽しみにしていてください。

その4:下腕部のディティールアップ

腕部に関してはディティールも密に入っているので、ほぼ改造する箇所は有りません。

個人的な印象で以下の箇所に1.0mmのピンバイスで穴を空けメタルボールを埋め込んでみました。

改造箇所はこのくらいのモノです。

その5:指部のシャープ化

ハンマ・ハンマの手部は特殊な形状をしています。

指に関しても3本でつまむような形状となっております。

RE/100と言うこともあり、それなりに尖ってはいますが一応ペンサンダーにNo.800のヤスリを付けて、丁寧に尖らせてみました。

・・・あんまり変わらないですかね?

その6:三連ビーム砲のディティールアップ

バーニアと合わせて三連ビーム砲の先端もメタルパーツに取り換えたいと思います。

同じく2.0mmのメタルパイプを先端に埋め込んでいます。

塗装で円柱部分をシルバーに塗装する予定ですのでもう少し見栄えも良くなると思います。

以上で腕部の改造は完了となります。

腕部はバーニアの処理が大量に発生する且つ左右2倍の量の処理が必要なためハンマ・ハンマ最大の作業量となる箇所です。

同じような作業が続くため、手を抜きたくなってくる箇所でもありますのでなるべく時間をかけて丁寧に作業することを心がけてください。

次回はラストの脚部(+盾)の改造を行います。

・・・最近は更新頻度が遅くなってしまっていますが、更新自体はしっかりと続けていきますのでブログを追っていただければ幸いです。

それでは・・・

次回を待て!!

関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク