HGBD ガンダムシャイニングブレイク 胸部改造編 「俺はブレイクデカールを使わへん・・・!」

そんな訳でシャイニングブレイク改造第2回です。

今回は胸部の改造ですね。

色々改造するキットが多くなってきてペースが落ちてますが(汗)

しっかりと改造していきますので、見てやってください。

スポンサードリンク



その1:胸部クリアパーツ VCドーム埋め込み

胸部中央のクリアパーツですが、外すと中に〇モールドが存在しますね。

ココはVCドームを貼り付けてキレイに見えるようにしましょう。

現状VCドームは両面テープで貼り付けてあるだけです。

塗装→トップコートをした後に樹脂製の接着剤にて接着します。

また塗装時に内部を全体的にシルバーで塗装してからVCドームを貼り付けると尚良いと思います。

そうそう、このクリアパーツは一度ハメてしまうと、ほぼ取ることが不可能となってしまうため、胸部の裏側にピンバイスで小さな穴(1mm程度)を空けて爪楊枝などで押して外せるようにしておきましょう。

スポンサードリンク



その2:合わせ目処理

胸部のダークブルーのパーツは前後の挟み込みになっています。

ココは後からイエローのパーツを差し込まなければならないため後ハメ加工は難しいです。

ですので、分割線をモールドとして処理します。

今回は0.5mmのMr.ラインチゼルを使いスジ彫りとして追加しています。

スポンサードリンク



その3:パーティングライン消し

胸部と言うかバックパックですがビームサーベル取り付け部とビームサーベルにパーティングラインが出ています。

ココはペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてキレイにパーティングラインを消していきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

段差が無くなれば作業完了です。

スポンサードリンク



その4:メタルパーツの埋め込み

胸部上面に比べ、下面である腹付近はディティールが少なく結構スカスカな印象です。

まずは以下の場所に1.0mmのメタルボールを埋め込みます。

やり方は簡単で1.1mmのピンバイスにて開口後、面取りビットにて面を整え、1.0mmのメタルボールを埋め込むだけです。

現状ではVCドーム同様にメタルボールは接着していません。

塗装→トップコートをした後に樹脂製の接着剤にて接着します。

それまでは無くさないように注意して保管しておいてください。

スポンサードリンク



その5:レッドチップの配置

その4に続き腹部を改造していきます。

今回は脇腹部にレッドチップを埋め込みます。

上の写真ですね。

まずは1.0mmのMr.ラインチゼルを使いスジ彫りをします。

分かりやすいようにスミ入れをしています。

ココにレッドチップを貼り付けていくのですが・・・・

レッドチップって基本的に売っていないんですよね・・・プラバンをカットして作成するのが一般的ですが、少し前にtwitterにて某ファイナリスト様が100均のファイルから作成していると言っているのを聞いて今回はそれを試してみました。

上の状態ですね。

結構いい感じですよね?

100均のファイル(プラ製)には見えません(笑)

コレを塗装後に貼り付けてトップコートをすればよくなじんでくれると思います。

スポンサードリンク



その6:脇腹のディティールアップ

その4・5で腹部のディティールアップを行いましたが、その影響で?

脇腹がかなりスカスカに見えます(笑)

ココにも簡単ですがディティールを追加します。

0.3mmのプラバンを上底:2mm 下底:4mm 高さ:2mmにカットしたものを上下に貼り付け、真ん中に0.5mmのMr.ラインチゼルを使いスジ彫りを入れれば・・・

イイ感じに仕上がります。

スポンサードリンク



胸部改造は以上となります。

ココは結構弄りましたね・・・

素組とは大きく違いが分かると思います。

この調子で全体的にディティールを増やしていきます。

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク