EG νガンダム → EG 量産型νガンダム 腰部改造編

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第3回目です!!

前回の胸部に引き続き・・・

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第2回目です!! 前回の頭部に引き続き・・・ 胸部を改造し...

腰部を改造していきます。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フロントアーマー メタルパイプ埋込

まずはフロントアーマー側面に付いているアポジモーターですね。

EG νガンダムはすっきりした形状をしているため凹型に彫り込む必要があります。

また下側の形状が少し違うためココも合わせて変更していきます。

フロントアーマー下部を上の写真の箇所でエッチングソーにてカットし、さらに上底:2㎜ 下底:3㎜ 高さ:3㎜の台形型に同じくエッチングソーにてカットします。

裏側から0.5㎜のプラバンを流し込み式のセメントにて貼り付けています。

このまま1日程度放置してセメントが硬化したら下側を同じく0.5㎜のプラバンにてふさぎます。

凹部中央は2.5㎜のピンバイスにて開口し

同じく2.5㎜のメタルパイプを埋め込んでいます。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その2:フロントスカート 〇モールド追加

フロントスカートは左右上端に〇モールドがありますね。

ココはメタルパイプを埋め込んで再現します。

まずはフロントスカートを分割しておきましょう。

ニッパーなどでカットしておけば良いと思います。

メタルボールはその1同様に1.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて周囲を整え。

1.0㎜のメタルボールを埋込ます。

向かって右側がメタルボールを置いた状態、左側が穴を空けた状態ですね。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:サイドスカート 形状変更

サイドスカートは大きく形が違いますね。

ココはプラバン及びエポキシパテにて大きく形状を修正していきます。

赤点線部はエポキシパテにて埋めて

硬化後はペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて量産型νガンダムの形状に磨いておきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ココに0.5㎜のプラバンを以下の形状カットしたものを上側部として貼り付けます。

青点線部に赤点線部を貼り付けて作成しています。

下側のダクトはWAVE Uバーニア フラット 4 長方形 を貼り付けています。

隙間はエポキシパテにて埋めています。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

正面から見ると腰部はあまり変わりないですね。

お次の腕部は結構形状が違います。

中々大変ですが頑張って改造続けていきましょう~

【2022/04/28】

腕部改造開始しました!!

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第4回目です!! 前回の腰部に引き続き・・・ 腕部を改造し...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク