EG νガンダム → EG 量産型νガンダム 胸部改造編

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第2回目です!!

前回の頭部に引き続き・・・

それではレビュー 改造方法に続き 早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造始めていきます!! ...

胸部を改造していきます。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:センサー削除

まずは右胸上面に付いているセンサー部を除去します。

適当にニッパーなどでカットすれば良いのですが・・・

肉抜き穴になっているためカット後穴が空いてしまうため瞬間接着パテを使い埋め、瞬間接着剤硬化剤にて固めます。

硬化後はペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いておきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800に交換してツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:中央上面形状修正

胸部中央上面の凹部を再現していきます。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて赤点線部を削っていくと肉抜き穴として上側に穴が開くと思います。

白いパーツを延長するためにどちらにしろ開けなければならないため一石二鳥です(笑)

白いパーツには1.0㎜のプラバンを以下のサイズにカットしたものをタミヤセメントで貼り付けて延長します。

ココは延長したプラバンとキットの間に隙間が出来てしまった場合は瞬間接着パテを塗り、瞬間接着剤硬化剤にて固めます。

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに形状を整えツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800と交換しツルツルになるまで磨けばOKです。

合わせて中央部の〇モールドは1.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて周囲を整え。

1.0㎜のメタルボールを埋込ます。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:ダクト部 形状変更

すでに見えてしまっていますが(笑)

ダクト部はかなり形状が違います。

縦長に配置されたダクトは今回 WAVE Z・バーニア 4 の「C」を二つつなぎ合わせて作成しています。

端をエッチングソーにて斜めにカットしたものを貼り合わせていますが、隙間が出来た場合は瞬間接着剤パテを盛って瞬間接着剤硬化剤にて固めペンサンダーにて整えています。

イエローのダクトもエッチングソーにてカットし端を1.0㎜のプラバンでふさいで以下の形状にしています。

これらを埋め込んで形状を作っています。

スポンサードリンク



その4:コックピットハッチ形状修正

量産型νガンダムのコックピットハッチは段付きになっていますね。

ココは簡単に0.3㎜のプラバンをタミヤセメントで貼り付けて再現しています。

一番簡単な箇所ですね。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

胸部改造は全体的に難しめですね。

ダクトの改造は特に顕著です。

丁寧な作業を心がけていきましょう。

次回は少し簡単か?

・・・そんなことも無いか(苦笑)

【2022/04/15】

腰部改造開始しました!!

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第3回目です!! 前回の胸部に引き続き・・・ 腰部を改造し...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク