HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 【ガンダムAGE-2 アルティメス】腕部改造編

ガンダムAGE-2 アルティメス 改造 第4回目です。

前回の腰部改造に引き続き

ガンダムAGE-2 アルティメス 改造 第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き 腰部を改造していきます! ここま...

腕部を改造していきます!

ここからは遂にアルティメスが出てきます!

雑誌付録と言うこともあり、モナカな作りが多めな場所なのでその辺りをしっかりと修正していこうと思います。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:合わせ目消し

と言うわけでまずは各部合わせ目を消していきます。

上記していますがアルティメスとしてのパーツはほぼほぼ合わせ目消しが必要となります。

加えてAGE-2ノーマル部も下腕にはガッツリ合わせ目が出てしまっているため一緒に除去していきます。

作業か所としては

肩部

アルティメス・ロングレンジライフル、ツインドッズキャノン

下腕となります。

各部下の写真の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗って30秒~1分ほど放置してからパーツ同士をくっつけます。

プラスチックが溶けてはみ出してくればOKです。

ポリキャップなどをハメ忘れないように注意しましょう。

この状態のまま1日程度放置してセメントが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨いていきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

肩部内部フレーム及びアルティメス・ロングレンジライフルの〇型のパーツは後ハメ加工します。

内部フレームは片側の凸部をニッパーでカットし、残った方の凸部をペンサンダーにて慎重に削り下側から接続できるようにしています。

アルティメス・ロングレンジライフルの〇型のパーツは3つある凸部の1つをニッパーでカットすれば上から押しこむことが出来ます。

ハメ殺しになるため接続は塗装後に行いましょう。

スポンサードリンク



その2:スジボリ追加

他の箇所に合わせて腕部もMG的にスジボリを追加します。

上腕は0.2㎜のMr.ラインチゼルにて以下の形状に

下腕は青点線部は0.2㎜のMr.ラインチゼルにて、緑点線部は0.3㎜のBMCタガネにて3㎜ほどスジボリを追加しています。

後ろ側は0.2㎜のMr.ラインチゼルにて追加しています。

またアルティメス・ロングレンジライフルの先端に出る合わせ目はかなり大きいためその1では消さずに0.3㎜のBMCタガネにてスジボリを追加してディティールとしました。

スポンサードリンク



その3:銃口部 ディティール追加

最後にアルティメス・ロングレンジライフルの銃口部を改造します。

ココはただの長方形となっているためWAVE Z・バーニア 4を貼り付けてディティールとしました。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

文字にすると改造量それほどでも無いのですが、合わせ目消しを行う箇所がほぼすべてのパーツのため作業量としては多いです。

とは言えしっかりと処理して綺麗なアルティメスにしていきたいですね。

この後はAGE-1同様に別途ウェアを作りながらの改造となります。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク