FULL MECHANICS カラミティガンダム → ソードカラミティ 胸部改造編

FULL MECHANICS カラミティガンダム → ソードカラミティ 改造第2回目です。

前回の頭部改造に引き続き

2021年06月26日にFULL MECHANICS として発売されたカラミティガンダム・・・ さっそく改造始めます!! ...

胸部を改造していきます。

今回も前回同様ソードカラミティへの改造箇所は無いためブラッシュアップが基本となります。

それでは早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1: 肩部ディティール修正 + パーティングライン消し

まずはは肩部関節隠しのディティールを作り直します。

小さな箇所ですが、凸部のディティールが入っており気合の感じるパーツです。

とは言え残念なことにパーティングラインがディティール上に乗ってしまっています。

ココは一度ディティールと一緒にパーティングラインを除去してプラバンにてディティールを作り直します。

ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてツライチにします。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に付け替えツルツルになるまで磨きココに0.3㎜のプラバンを1㎜×4㎜にカットしたものを流し込み式のセメントにて貼り付けます。

裏側にも同様のディティールがあるためパーティングラインを同様に除去した後コチラは1㎜×3㎜にカットした0.3㎜のプラバンを貼っています。

スポンサードリンク



その2:〇モールド メタルボール置換

お次はその1の前面についている〇モールドですね。

だいぶ甘めなモールドになってしまっています。

ココは1.0mmのピンバイスにて開口し・・・

面取りビットにて周囲を整え・・・

ここに1.0㎜のメタルボールを埋め込みます。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:580mm複列位相エネルギー砲「スキュラ」銃口部 メタルパーツ化

レビュー時にも書いていますが、スキュラの銃口部はしっかりと造形されているのですが少々奥まってしまっていて良く見ないと見えない感じで個人的にはあんまり見栄えが良くないと思っています。

ココはメタルパイプを埋め込んで見えやすい銃口部にします。

2.5㎜のピンバイスにて赤いパーツを少し大きくし、そこに同じく2.5㎜のメタルパイプを埋め込んでいます。

やはりこのくらい見やすい方が見栄えも良いと思います。

コチラも接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

スポンサードリンク



その4:腹部 〇モールド ディティールアップ

最後に腹部左右の〇モールドですね。

ココもその1の〇モールド同様に少々薄い感じでダルめのモールドになってしまっています。

ココは2㎜のピンバイスにて開口し・・・

面取りビットにて周囲を整え・・・

エッチングパーツを埋め込んでいます。

コチラも接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

ほぼほぼ穴あけがメインでした(笑)

やっぱり出来が良いキットですね。

大きな変化は無いですがバツグンにカッコ良いです。

改造箇所には書いていませんが各部ヤスリがけをしてシャープ化している箇所は多めです。

複雑な形状のためかヒケが結構ありましたので全体的なヤスリがけはしておく方がよさそうなキットですね。

それではこんな感じで改造進めていきましょう~

【2021/07/07】

腰部改造開始しました!!

FULL MECHANICS カラミティガンダム → ソードカラミティ 改造第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク