HGBD:R ジュピターヴガンダム 腰部改造編 「あれが勝利条件だと踏んだのか?」

HGBD:R 1/144 ジュピターヴガンダム 改造

前回の胸部に続き

HGBD:R 1/144 ジュピターヴガンダム 改造第2回目です! 前回は頭部を大幅に変えました そのおかげで?...

今回は腰部の改造をしていきます。

今回もディティールアップが基本ですね。

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フロントアーマー ディティールアップパーツ追加

まずはフロントアーマーに少しだけディティールを追加します。

股間下部にコトブキヤ P116 ダクトノズル II の「11」を貼り付けています。

宇宙用と言うことでスラスター部を少し増やしています。

スポンサードリンク



その2:フロントスカート 延長処理

お次はフロントスカート部ですね。

HGですので最初にいつものように分割処理はしておきましょう。

上の写真の赤点線部でニッパーなどを使いカットしておきます。

カット後はペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて軽く磨いておくと良いでしょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

フロントスカートはかなり延長しています。

下側に1.0mmのプラバンを3枚貼り付けて合計3mm延長しています。

形状的に上の写真の赤点線部の形状にプラバンは都合4枚貼り付けて形状を整えています。

どうしても隙間が出来やすい形状なので隙間が出来てしまった箇所はモリモリやアルテコ瞬間接着パテなどで埋めてツライチにしています。

最後に以下の箇所には0.2mmのMr.ラインチゼル にてスジ彫りを追加して作業完了です。

スポンサードリンク



その3:サイドスカート のディティールアップ

ココは胸部の腹部横に追加したものと同様のプラバンを貼って少しディティールアップしています。

1.0mmのプラバンを 5mm× 3mmにカットし下側をテーパ(斜め)にペンサンダーにてヤスリがけをし、最後に中央に0.5mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加したものをタミヤセメントで貼り付けています。

このように追加するプラバンはカット→スジ彫りの後に全体的にNo.800のヤスリで磨いてやるとキレイに見えます。

また、貼り付けてセメントがしっかりと硬化した後に周りを0.2mm以下のMr.ラインチゼル(BMCタガネ)で下のプラバンの周り(写真の青線部)にスジ彫りをしてやるとキットとの一体感が増してよりよく見えると思います。

スポンサードリンク



その4:リアスカート のディティールアップ

リアスカートはハイキューパーツ ジーレップ01 の「2.0」を埋め込んでいます。

ピンバイスにて2.0mmの穴を空けて、埋め込んでいるだけですね。

接着は樹脂製の接着剤で塗装後に行うため現状は無くさないように保存しておいてください。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

腰部はフロントスカートの延長が効いていますね。

脚部が長いため少しこの辺を調整してやらないとバランスが良く見えないためですね。

ホントはサイドスカートもかなり大型化してやりたかったのですが、見た目上あまりにもかけ離れてしまうため今回はやめておきました(汗)

大きく見た目が変わっても良いという方はバルバトスルプスのサイドスカートなどのような大型のパーツを付けてやると選り全体的なバランスは良くなると思います。

さて、これにて改造は半分終了です。

残り半分もサクサクと進めていきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク