EG νガンダム → EG 量産型νガンダム 腕部改造編

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第4回目です!!

前回の腰部に引き続き・・・

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第3回目です!! 前回の胸部に引き続き・・・ 腰部を改造し...

腕部を改造していきます。

今回は少々大変な箇所になりますが頑張って改造していきましょう!

それでは改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:肩部形状変更

νガンダムと量産型νガンダムで大きく違う箇所ですね。

凹型のディテールを追加するためにまずは上の写真の赤点線部を削り込んで肩アーマーをツライチにしていきます。

形状的に削り込むと穴が空いてしまうため裏側にエポキシパテを詰めて裏打ちしておきます。

1日程度放置してエポキシパテが硬化したら上の写真の赤点線部をペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて下の写真のように不要なディティールを削り落とします。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800の順で交換しながらツルツルになるまで磨きます。

ココに以下の形状にカットした0.5㎜のプラバンをタミヤセメントにて貼り付けます。

プラバンとキットの間に隙間が出来てしまったら

瞬間接着パテを使い接着し、瞬間接着剤硬化剤にて固めます。

先ほど同様にペンサンダーにてツライチに磨いて作業完了です。

スポンサードリンク



その2:上腕部形状変更

お次は上腕部ですね。

内側は段落ち、外側は肩部にかけてパイピングされています。

まずは上記赤点線部をエッチングソーにてカットしてしまいます。

外側は0.3㎜のプラ棒を半円型にカットしたものを貼り付けます。

内側の段落ち部は内部フレームを使いますが一部肉抜き穴が見えてしまうため細切りしたプラバン

及び瞬間接着パテにて見える箇所をふさいでおきます。

中央部に0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリを追加して上腕部完成です。

スポンサードリンク



その3:下腕部 形状変更

最後に下腕部も形状変更が必要ですね。

まずは側面部の形状変更ですね。

量産型νガンダムはアポジモーターが無くなり代わりに台形型の凹部が追加されます。

ココは以下の形状にカットした0.3㎜のプラバンを側面部に貼り付けて再現します。

プラバンとキットとの間に隙間が出来た場合は肩部同様に瞬間接着パテにて埋めましょう。

また、甲部とのつなぎ目にある凹部も同様に瞬間接着パテにて埋めておきます。

お次は甲部ですね。

左腕部は形状的にそのままでも問題無いのですが右腕部は上記箇所をカットして形状を合わせます。

もちろんEG νガンダムを2体購入して作っても良いと思います。

今回はエッチングソーにてカットしポリパテにて穴をふさいで形状を作っています。

正面に1.0㎜のピンバイスにて、上腕部側に2.0㎜のピンバイスにて〇モールドを追加します。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

ビームスプレーガンはインコム作成時に合わせて作成する予定です。

残すは脚部とインコムですね。

あともう少しで完成となります。

ラストスパート頑張っていきましょう!!

【2022/05/12】

脚部改造開始しました!!

早速EG νガンダム → EG 量産型νガンダム改造 第5回目です!! 前回の腕部に引き続き・・・ 脚部を改造し...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク