HGBD:R モビルドールメイ 胸・腰部改造編 「勝算があったからだ」

HGBD:R モビルドールメイ改造も

前回と前々回で頭部の改造は完了しました。

2020年01月25日 に発売された HGBD:R モビルドールメイ・・・ さっそく改造していきます!! 今回はま...
前回はモビルドール形態の頭部を改造しました HGBD:R モビルドールメイ 今回はダイバールック形態での頭部改造...

今回は胸部・腰部の改造となります。

ここからは共通パーツの改造となりますのでスピードを上げてサクッと改造していきましょう!!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:前垂れガード ディティールアップ

まずは胸部上面についている前垂れのディティールアップです。

丸いモールドが4つ付いていますね。

ココはエッジングパーツに置き換えていきます。

上の写真のようにハイキューパーツ ジーレップ01 の「1.5」を埋め込んでいます。

やり方としては簡単でピンバイスにてまず中心部を1.0mmのピンバイスで開口し

その後、1.5mmのピンバイスにて穴を広げます。

そこにエッジングパーツを貼り付ければ作業完了です。

今回はメタルパーツとして貼り付けたいと思うので接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

それまでは無くさないように保存しておいてください。

スポンサードリンク



その2:ムネ部横側パーティングライン消し

ムネパーツ横側には大き目なパーティングラインが存在しています・・・・

グレー系のパーツなため、かなり目立ちますね。

ココはしっかりと消してしまいたいところ・・・

本パーツはかなり曲面の強いパーツですのでペンサンダーは使わずにスポンジ研磨材を使ったほうが良いと思います。

もちろん#320-600相当 → #800-1000相当の順番でヤスリがけをして整えます。

スポンサードリンク



その3:合わせ目消し

胸部は左右挟み込み、腰部も同様に左右挟み込みですね。

ココは合わせ目をしっかりと消しておきましょう。

下の写真の箇所にたっぷりとタミヤセメントを塗ります。

30秒~1分程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

プラスチックがセメントで溶けて上の写真のように溶けてくればOKです。

うまくはみ出してこないようでしたら再度セメントを塗るところからやり直してみてください。

プラスチックがはみ出したらそのまま1日程度放置して硬化するのを待ちます。

しっかりと硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて磨いてツライチに磨いていきます。

上の写真のようになればペンサンダーのヤスリをNo.800に交換しツルツルになるまで磨いていけばOKです。

スポンサードリンク



その4:〇モールド 置き換え

最後に腰部の〇モールドをメタルボールに置き換えます。

今回はレッドに塗装したものを埋め込んでみました。

作業としてはその1と同様ですね。

1.0mmのピンバイスにて中央部に穴を空けて、1.5mmのピンバイスにて穴を広げてそこに埋め込んでいます。

結構見た目が変化しますね。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

ディティールが明確になったことによりキャラクター性もしっかりしてきたと思います。

全体的に白いパーツが多いためぼんやりする箇所があるのでメリハリをきっちり付けていきたいと思います。

【2020/02/01】

腕部改造開始しました!!

前回で胸部・腰部とまとめて改造が完了しました HGBD:R モビルドールメイ改造・・・ 今回は腕部の改造となりま...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. 名無し より:

    エッジングパーツというものは存在しません。
    部品を購入されているのですからご理解されているのだろうと思いますが『エッチングパーツ』です。

    エッチングという意味を調べられるのもいいと思いますよ3