HG ダリルバルデ 胸部改造編

HG ダリルバルデ 改造第2回目です!

前回の頭部改造に引き続き・・・

2022年12月03日 に発売された HG ダリルバルデ ・・・ レビューでも書いたように さっそく改造していき...

胸部を改造していきます!!

グエル専用ディランザに似た改造になるのは制作会社が同一だからか(笑)

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:首部延長処理

まずは首部ですね。

レビュー時にも書いていますが少々首が短く頭部がめり込んでいる印象です。

スマートな印象のダリルバルデですのでココは少し延長しましょう。

まずは下の写真の赤点線部にてエッチングソーにてカットします。

ペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてカット面を綺麗にしておきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

カット面に3㎜のピンバイスにて穴を空け、そこに関節技 ボールジョイントミニ を接続しています。

関節技 ボールジョイントミニは接続時に気に入った長さになるように軸部をニッパーで少しずつカットしながら調整しています。

ワタシは2㎜ほど延長しました。

スポンサードリンク



その2:肉抜き穴埋め

その1にて延長した首部ですが裏側は肉抜き穴が開いています。

胸部左右上部に付いているホワイトのパーツも裏側に肉抜き穴があります。

ココは瞬間接着パテを瞬間接着剤硬化剤にて固めてふさぎます。

瞬間接着パテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに削ります。

ヤスリをNo.400→800の順で交換しながらツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:メタルボール埋込

その2にて肉抜き穴を埋めたホワイトのパーツ前面には○モールドがあります。

ココはメタルボールを埋め込みます。

1.0㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて整えて

1.0㎜のメタルボールを埋め込みます。

現状は埋め込んでいるだけなので実際は塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その4:合わせ目消し

最後に腰部の合わせ目ですね。

ディランザ同様に前後のハメ合わせになっている関係で側面に合わせ目が出ます。

胸部は段落ちモールド化及びうまいこと隠してありますが腰部は見えてしまっていますね。

ココはタミヤセメントを使い合わせ目消しを行います。

上の赤点線部にタミヤセメントをたっぷり塗り30秒程度放置してからパーツ同士をくっつけます。

接続パーツを挟み忘れないように注意してください。

下の写真のようにセメントでプラが溶けてはみ出してくればOKです。

はみ出してこないようであれば再度タミヤセメントを塗るところからやり直してみてください。

はみ出して来たらそのまま1日程度放置してセメントが硬化するのを待ちます。

硬化したらペンサンダーにはNo.400のヤスリを付けてツライチに削ります。

上の写真のようにツライチになったらヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

首が伸びたことにより少々スマートに見えるようになりました。

残りの箇所もこの調子でサクサク改造進めていきましょう~

【2022/12/09】

腰部改造開始しました!!

HG ダリルバルデ 改造第3回目です! 前回の胸部改造に引き続き・・・ 腰部を改造していきます! 腰部自体...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク