HG00 ガンダムプルトーネ 脚部改造編 【戦いは戦い・・・破壊は破壊・・・・】

HG00 ガンダムプルトーネ 最後の改造です!

前回の腕部改造に引き続き

HG00 ガンダムプルトーネ 改造第4回目ですね! 前回の腰部改造に引き続き 腕部を改造していきます。 今...

残す脚部と武器類を改造していきます!!

今回はそれほど改造量も多くないのでサクッと終わらせて完成させてしまいましょう!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:モモ部 スジボリ追加 + 関節部ディティールアップ

まずはモモ部と股関節部のパーツです。

プルトーネの股関節との接続部はなぜか白いんですよね・・・

正直設定画を見ても何色かわからないのですが、他のソレスタルビーイング系は概ねダークグレーなので今回はそれに準じて塗装します!!

合わせて外枠部にコトブキヤ P107 の「7.0」を貼り付けてさらにGN系機体っぽくします。

塗装時にはMr.メタリックカラー GXメタルグリーンにて塗装です!!

お次はメインのモモ部ですね。

まずは外周にがっつりと入っているパーティングラインを削り落とします。

上の赤点線部ですね。

一周グルリと入っていますのでペンサンダーにNo.400のヤスリをつけて磨きます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

パーティングラインが消えたら、側面にスジボリを追加します。

スジボリは0.2㎜のMr.ラインチゼルにて追加しています。

スジボリが追加出来たらペンサンダーにつけたヤスリをNo.800に交換しツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:ヒザ部ディティールアップ

お次はヒザアーマーですね。

ココもメインはスジボリです。

とは言えまずは以下の箇所をエッチングソーにてカットしてディティールを追加しています。

そこにスジボリを追加しています。

ココはその1同様に0.2㎜のMr.ラインチゼルにて追加しています。

スポンサードリンク



その3:スネ + 足部 スジボリ追加

スジボリの追加が続きます(笑)

次はスネ部と足部ですね。

スネ側は1.0㎜のBMCタガネにて、足側は0.5㎜のBMCタガネにてスジボリを追加しています。

スネ側は段落ちモールドとしてグリーン系で塗り分けをしたいところです。

スポンサードリンク



その4:武器類ディティールアップ

最後に武器類のディティールアップです。

GNビームライフルは結構がっつりと合わせ目が出ています。

ココは流し込み式のセメントにて合わせ目消しを行います。

しっかりと流し込んでペンサンダーにNo.400のヤスリをつけてツライチに磨きます。

上の写真くらいになればペンサンダーのヤスリをNo.800に交換しツルツルになるまで磨けばOKです。

またスコープ部はVCドームに置き換えています。

GNシールドについては腕部の接続パーツにパーティングラインが出ているのでこれを消すだけで良いと思います。

シールド表面もヒケがあるので一緒に磨いておくとより良いですね。

スポンサードリンク




以上にてすべての改造が終了となりました!!

全体的にキレイ目に仕上がっていると思います。

これから塗装ですね。

コチラも少しホワイト部を塗り分けたり、各部差し色を入れたりともう少し密度感を上げていきます!

完成まで今しばらくお待ちください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク