HGUC ナラティブガンダム A装備 → C装備 腕部改造編

はい!!

やっぱりと言うか、ナラティブガンダムC装備 発売が発表されましたね(笑)

発売日も予想通り3月の模様です。

その前に改造完了させていきたいと思います!!

今回は腕部になります。

スポンサードリンク



その1:肩部サイコフレーム作成

画稿を確認すると

肩部上面にユニコーンガンダムの肩内部のようなサイコフレームが、肩正面に新規サイコフレームが追加されています。

肩部上面のサイコフレームはユニコーンガンダム肩部のパーツをエッジングソーにてカットして貼り付けます。

表面のサイコフレームは、まず元々のパーツのディティールを一部アルテコ瞬間接着パテにて埋めます。

アルテコ瞬間接着パテでなくエポキシパテなどで埋めても構いませんが小さい箇所ですので、アルテコ瞬間接着パテが早くて便利だと思います。

アルテコ瞬間接着パテが硬化したらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてツライチにします。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

パーツがツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に交換してツルツルに磨けばOKです。

ココにディティールを追加してサイコフレームとしています。

赤線部のディティールはMr.ラインチゼル 0.2mmを使いスジ彫りとして追加しています。

青線部のディティールは0.5mmのプラバンを貼り付けて再現しています。

スポンサードリンク



その2:下腕部サイコフレーム作成

コチラは各パーツの分割線が開いてサイコフレームが露出する形式のようです。

まずはエッジングソーを使い下の写真の赤線部でカットします。

これにて隙間を空けることが出来るようになりましたが、下腕内部フレームの下の写真の箇所が少々厚みがあるためカットした外装パーツをうまくはめることが出来ません。

ペンサンダーのヤスリをNo.400のヤスリを付けて外装がはまるように削り取ってください。

大体0.5mmくらいですかね。

外装がはまるようになれば隙間に0.3mmのプラバンを上底:2mm 下底:4mm 高さ:4mmのサイズにカットしたものを貼り付けサイコフレーム的なディティールを追加します。

スポンサードリンク



その3:下腕甲部のサイコフレーム作成

コチラは甲部の外装を少し浮かせてはめてやれば内部フレームをメタルレッドで塗装すれば問題無いと思います。

少し浮かせて付けるために外装部の取り付け部(凸部)を少し幅増ししています。

凸部に0.5mmのプラバンを貼り付けて1mmほど幅増ししています。

これにて内部フレームが見える状態になるので下の写真の箇所をメタルレッドで塗装します。

スポンサードリンク



その4:手部の追加

すでに上の写真にも写っていますが、今回はビルドナックルズの平手を追加しています。

スポンサードリンク



以上で腕部の改造は完了です。

残すは次回の脚部とバックパックのみです。

コレらを改造をして作業完了としたいと思います。

なんとか今年中に終われるように頑張っていきたいと思いますのでお付き合いくだされば幸いです。

それでは・・・

次回を待て!!
スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク