HGUC ディジェ → HGUC リック・ディジェ 腰部改造編 「ティターンズ残党が独力で作れたとは思えんが」

なかなか思うように改造が進まない(汗)

HGUC ディジェ → HGUC リック・ディジェ 改造・・・

今回は腰部の改造です。

胸部同様にかなりバランスやパーツをいじっているため、見た目が大きく変わってきています。

難しい改造箇所も多いですが、頑張って改造していきましょう。

スポンサードリンク



その1:腹部新規作成

リック・ディジェ の腹部は通常のディジェと違い2重の装甲になっています。

一般的なガンダムタイプと同様ですね。

ディジェ自体は腹部は1パーツで、その上に大きなフロントスカートが2枚重なって付いているような感じです。

ですで、ココは0.5mmのプラバンにて新造していきます。

・・・本当は1.0mmのプラバンで作る方が強度的には良いのですが、腰部のクリアランスがかなりキツメなため今回は0.5mmのモノを使用しています。

正面のディティールは0.3mmのプラバンを貼り付けて再現しています。

プラバンが薄いためサイドとのつなぎ目はオモテ・ウラ共にアルテコ瞬間接着パテを塗って強度を上げています。

オモテ面のみはみ出した部分をペンサンダーにNo.800のヤスリを付けて整えています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新>今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ウラ面は強度優先のためヤスリがけせずにそのままとしています。

スポンサードリンク



その2:フロントアーマー形状変更

リック・ディジェのフロントアーマーはディジェとは全然違いますね~

ココはエポキシパテ及びプラバンにて形状を大きく変えていきます。

エポキシパテにて大体の形状出しをした後にプラバンにて表面を成型しています。

上面の青線部のディティールは0.2mmのラインチゼルにてスジ彫りを追加

下面の青線部のディティールは0.5mmのラインチゼルにてスジ彫りをしています。

スポンサードリンク



その3:フロントスカート形状変更

リック・ディジェのフロントスカートはディジェの2重スカートを1つにまとめたような形状をしています。

・・・アムロマークのデカール必須ですね(笑)

ディジェはこんな感じです。

ですので、上の写真の赤点線部でスカートをエッジングソーにてカットし実際に2重スカートを1つにまとめて形状出しを行っています(笑)

一部足りない箇所は1.0mmのプラバンにて追加している感じですね。

フロントスカートは結構複雑な曲面であるためプラバンとキットの間に隙間が空きやすいです。

隙間が出来た場合はアルテコ瞬間接着パテにて埋めていきましょう。

最後に0.2mmのラインチゼルにてスジ彫りを追加すれば作業完了です。

スポンサードリンク



その4:サイドスカート形状変更

コチラも微妙に・・・と言うか結構形状が違いますね。

まずはディジェのサイドスカートの上面をエッジングソーにてカットします。

ココは裏側から見るとちょうど切り取り線のように段差が入っているのでソコでカットしてやると良いと思います。

お次はディティールが全然違うため一度エポキシパテにてディティールを埋めた後にリック・ディジェのディティールに合わせて形状を変えています。

画稿が前面分しか無いため後ろ側はそれっぽくしている程度です(笑)

スポンサードリンク




以上で腰部の改造は完了です。

言葉にすると、それほど改造量は多くない感じですが実際やってみると結構大変です(汗)

まだ一部気に入らない箇所もあるため、逐次その辺は修正していく予定です。

変更点も後でまとめて簡単に書き出してみたいとは思っています。

さてコレで残すは腕部と脚部・・・とバックパックですね・・・

後半分って感じかな?

全体的に改造箇所は多めですので、時間はかかりますがなるべく早くは改造していきたいと思います。

アルス・ジャジャも大体完成が見えましたので、それが終わればリック・ディジェに注力していけると思いますので・・・

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク