HGUC グスタフカール 【閃光のハサウェイVer.】 脚部改造編 「・・機械の音、まだしている・・・」

HGUC 1/144 グスタフカール (ユニコーンVer.) → (閃光のハサウェイVer.) 最後の改造となりました第5回目です!!

もうすぐ小説版・リファイン版と2体並べてお見せ出来ます!!!

さて最後の脚部ですが・・・

違いは内腿のガードとアンクルガードが曲面になっている点ですね。

そこを中心にブラッシュアップしていきます!!

ブラッシュアップ後の姿は・・・

これにて完成のグスタフ・カール 【閃光のハサウェイ Ver.】細かく確認していきます!!

スポンサードリンク



その1:内腿部ガード形状変更

ユニコーンVer.のグスタフ・カールは内腿についているガード?が小さな形状に変更されています。

ココは閃光のハサウェイ版では外腿部と同様のようですね。

ですので、このパーツはエッジングソーにてカットして、外腿部と同様のパーツをくっつけていきます。

上の写真の赤線部でカットし、パーツ取り寄せにてゲットした外腿部パーツを接着します。

エッジングソーにてカットした箇所はしっかりとペンサンダーにNo.800のヤスリを付けてツライチに磨いておきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

スポンサードリンク



その2:スジ彫りの追加

それではいつものようにスジ彫りを追加していきます。

追加した箇所は上の写真の通りですね。

まずは緑線の箇所を1.0mmにて追加しています。

膝上面部は0.2mmにて縁をスジ彫りした後に斜線部を段落ちモールドとして処理しています。

段落ちモールドの作り方は

前回で頭部のおおむね改造が完了しました・・・・ 一部ディティール追加がやり残してあるので、今回はそれらの改造から行っていきます。 ...

コチラのその2を参考にしてください。

スポンサードリンク



その3:プラバンでのディティールアップ

その2にてスジ彫りを追加した膝アーマー部に0.5mmのプラバンを1mm×2.5mmのサイズにカットし貼り付けていわゆるレッドチップを取り付けています。

スポンサードリンク



その4:メタルボール埋め込み

メタルボールはアンクルガードに埋め込んでいます。

やり方は胸部や腕部と同様で1.1mmのピンバイスにて穴を空け、面取りビットで周りを整えてから1.0mmのメタルボールを埋め込みます。

トップコート後に樹脂製接着剤にて貼り付けます。

スポンサードリンク



その6:アンクルガード形状変更

最初に書いたようにアンクルガードがユニコーンVer.と比べて緩やかなカーブを描く形になっています。

ココはペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて角部を削っていきます。

なめらかな曲線になったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変更して表面をキレイに磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



胸部の改造は以上です。

と言うかこれにてすべて改造は完了ですね!!

数日中には塗装まで完了させてお披露目いたします。

もちろん小説版も合わせてお披露目させて頂きますので、それまで今しばらくお付き合いください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク