HGCE デスティニーガンダム レビュー 開始!!

『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』より主人公機 デスティニーガンダム が遂に2019/05/31 に発売されます!!

お値段 2,376円(税込)とHGとしてはお高めかな?と思えるお値段ですが、付属品を見て納得です!!

それではさっそくのレビューです!!!

スポンサードリンク



外箱

まずは正面から

パルマフィオキーナを構えたカッコイイパッケージ・・・・

後ろのレジェンドもHGCEとして発売してもらいたいところです!!

側面はこんな感じ

説明書

説明書も通常のHGのフォーマットです。

スポンサードリンク



ランナー

Aランナーです。

Bランナーです。(BランナーはB1・B2に分かれています。)

Cランナー です。(CランナーもC1・C2に分かれています。)

D1・D2ランナーです。(名称はD1・D2ですが別物ですね。)

Eランナーです。(EランナーもE1・E2に分かれています。)

エフェクトパーツ・ポリキャップ・シールです。

スポンサードリンク



キット

それでは本体キットの4面をグルリと

斜めから

カトキ立ちにて

アップです。

文字を入れて

スポンサードリンク



キット(光の翼展開)

それでは本体キットに光の翼を付けて4面をグルリと

斜めから

カトキ立ちにて

アップです。

文字を入れて

うーん

やっぱりカッコイイ!!

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを付けて何枚か

なんでこんなことを…。また戦争がしたいのか、あんた達は!

どうしてこんな事を…そんなに殺したいのか!

なんでこんな事になるんだよ・・・なんであんたは!

あんたが悪いんだ!あんたが裏切るから!

アンタは俺が討つんだ!今日!ここで!

あんたって人はー!!

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

首は上下20度くらいですね。

若干襟に引っかかりますが左右は一周グルリと回ります。

●胸部

ストライクフリーダムに似た設計ですね・・同じかな?

かなりの可動域です。

前後は30度と大きく動きます。

左右は10度くらい曲がります。

●腕部

肩部で100度、肘部はほぼ180度!!手首はグルリと20度とくらいですね。

肩部はこれ以上上げるとポロリしますね。

また、HGとしてはめずらしく下腕に回転軸があり、くるりと一周回ります。

●腰部

サイドアーマーがリアに逃がせますね。

コチラもストライクフリーダムに似た作りですね。

股関節は左右は180度開きますがサイドアーマーは後ろに逃がしても少々ポロリしやすいですね。

ココまで開かせることは無いですけどね(笑)

足首の左右は45度くらいと結構曲がります。

前後は前は180度しっかりと開きますがリアスカートが固定のため後ろはほぼ動きません。

足首はつま先が個別に稼働し下側に90度曲がります。

前後は30度くらいずつですね。

●脚部

膝部は180度近く曲がり、かなり自然な立膝が可能ですね。

●バックパック

翼部はしっかりと設定通り(それ以上)によく動きます。

高エネルギー長射程ビーム砲 を構えるのは少々難しいですね。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

色分けはほぼバッチリです。

特徴的な赤ラインももちろん色分けされています。

●胸・腰部

胸部腰部は色分け完璧です!!

胸部はもちろん・・・

腰部の赤いスラスターまで色分けされているのはビックリです!!

●腕部

コチラも完璧ですね。

シールドは展開もギミック化されており、設定通り動きます。

ビームシールドはクリアブルーでしっかりと作られています。

手部は武器握り手の他にパルマフィオキーナ用の平手が左右1個ずつ付きます。

手甲部のイエローパーツが1セットしか無いので、取り換えるときに差し替えが必要です。

銃持ち手が無いのも残念ですね。

●脚部

脚部も色分けは完璧です。

足裏は先端のみですが肉抜き穴があるのが残念ポイントですね。

●アロンダイト ビームソード・高エネルギー長射程ビーム砲・ビームブーメラン・パルマフィオキーナ

さすがに細かい所(イエロー部)はシールですね。

アロンダイト ビームソード持ち手部は塗り分けてやる必要もあります。

スポンサードリンク



作成

作成は値段相応な部類だと思います。

胸部・肘関節の説明が少々見にくく向きが分かりづらい所があるのがマイナス点ですね。

そこ以外は問題無いと思います。

作成時間は1時間くらいでした。

ブンドド時のパーツのポロリは思いのほか、少ないです。

印象としては首部が少々ポロリしやすいですね。

それ以外は許容範囲だと思います。

光の翼を展開しても自立するくらいには各部カッチリした作りです。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は88と言った感じです。

カッコよさ:95点

作りやすさ:85点

値段          :85点

遊びやすさ:90点

と言ったところです。

カッコよさに関しては、かなりイイ感じなプロポーションになっていると思います。

RGでは少々短足気味でしたが、HGCEでは解消されていますね。

すらっとした足の長いSEEDっぽいキットになっています。

さて、それでは本キットも改造進めていきます!!

出来はかなり良いのですが、設定画に寄せているためか少々モールドが少ないと感じることろが多いです。

そのため、もう少しディティールを追加してメカニカルなイメージに仕上げていきたいと思います。

これからすぐに改造進めていきますので、お気になった方はご覧いただければと思います。

[2019/05/31]

改造開始しました。

遂にHGCEとして遂に発売された デスティニーガンダム !!出来の良さは折り紙付きですが・・・レビュー時に書いたよう...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク