MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 → MG ガンダムAN-01 トリスタン 改造開始!!

さてMG ガンダムNT-1 Ver.2.0 レビュー最後で書きましたが

『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』よりガンダムNT-1がVer.2.0で遂に2019/06/29 に発売されます!!...
その1にて内部フレーム及び通常状態のレビューを行ったガンダムNT-1 Ver.2.0です。ココからはチョバム・アーマ...

今回は色々と考えてMG ガンダムNT-1 Ver.2.0 をMG版 ガンダムAN-01 トリスタン に改造していきたいと思います!!

使用するキットはコチラ・・・

もちろん MG ガンダムNT-1 Ver.2.0に

MG ガンダムMk-Ⅱ Ver.2.0

MG νガンダム

となります。

全体の変更方法としましては・・・・

スポンサードリンク



その1:頭部

頭部は現状Mk-Ⅱのものを使う予定ですが、アレックスに変更するかもしれません・・・

Mk-Ⅱだと少々頭部が大きい、且つバルカンを新規造形する必要があるんですよね・・・ただアレックスの頭部だとフェイス部がトリスタンに比べ優しすぎるんですよね・・・

その辺の帳尻をどこで合わせるのかをまだ悩んでいます・・・

スポンサードリンク



その2:胸部

胸部はアレックスのモノをそのまま使用します。

ダクト部にMk-Ⅱのモノを現状貼り付けていますが、少々大きいので幅詰めしながら形状変更する形ですかね。

後はコックピットハッチ周りも修正が必要です。

アレックスはコックピットハッチ周りがへこんだ形状ですが、トリスタンは出っ張っているためプラバンで幅増ししながら形状修正していきます。

スポンサードリンク



その3:腰部

腰部はフロントスカート

リアスカートをプラバンからスクラッチすると形ですかね。

後はフロントアーマーの連邦マーク部を消し凸型に変え、バーニアを削除する形ですね。

横についているバーニアはトリスタンの設定画にはありませんが、そのまま使おうかと思っています。


スポンサードリンク



その4:腕部

肩アーマーをMk-Ⅱから移植して形状変更します。

胸部との取り付け方法が違うためこの辺は大幅に改造する必要がありますね。

また、下腕部も形状が大きく違うためアレックスのモノをプラバンでセミスクラッチする形になると思います。


スポンサードリンク



その5:脚部

脚部は大きく違う箇所はあまり無いですね。脛内側はエポキシパテからセミスクラッチし

脛後ろのバーニア周りの形状を修正するくらいですね。

スポンサードリンク



その6:バックパック

バックパックはMk-Ⅱのモノを使用します。

細かい箇所が違うためその辺りはプラバンでの修正になると思います。

スポンサードリンク



その7:武器類

ビームライフルはMG νガンダムのモノを使用します。

基本的に同じものなので色を塗り替えればそのままいけます!!

もちろんビームライフルはMG νガンダム Ver.Ka.のモノを使用しても良いと思います

・・・が!!

お高いので旧MGのモノで良いかと思います(笑)

シールドはMk-Ⅱのモノを逆さまにし形状を修正していきます。

プラバンでの形状変更って言うかほぼスクラッチになりそうですね(汗)

スポンサードリンク



以上の改造方法にて MG ガンダムNT-1 Ver.2.0 → MG ガンダムAN-01 トリスタン 改造を進めていきます!!

いつもでしたらもちろん頭部から改造していくのですが・・・・上で書いたように少々改造方針が定まっていないので、もしかしたら他の箇所から改造していってしまうかもしれません。

頭部はガンプラのキモですので妥協せずに作成していきたいと思います。

トリスタンについてはHGUCでもディティールアップ改造を行いましたが、いまでも多くの人にそれらの記事を見て頂けている状態です。

遂に完成しました。作成に約3週間とそれなりに時間を費やしてしまいましたが、完成品を見ると報われますね・・・それではさっそくご...

そのため、今回のMG アレックスについてもトリスタンにする方式に舵を切りました。

MG版も多くの人に見ていただけるように頑張って改造方法書いていきますので、一緒に改造進めていきましょう!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク




関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク