HGUC ガンダムMk-Ⅲ → HGUC フルアーマーガンダムMk-Ⅲ 胸部改造編

HGUC ガンダムMk-Ⅲ → HGUC フルアーマーガンダムMk-Ⅲ 改造・・・

今回からは本格的にフルアーマー化していきます。

前回の頭部改造にてイケメン化しておりますので

それに合わせてカッコイイフルアーマーガンダムMk-Ⅲ作っていきたいと思います!

それでは改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:胸部アーマー作成

ベースはこれだけですね(笑)

とは言えなかなか厄介な箇所であるため少しずつパート分けして作成していきます。

まずは外装の外組ですね。

作成開始時にも書いていますが基本的に今回はアーマーの脱着は不可として見栄えの良い形に作っていくのですが、胸部アーマーは塗り分けの関係で一応取り外せる状態に作っていきます。

基本的には1.0㎜のプラバンをガンダムMk-Ⅲ胸部前面に沿って貼り付けてフルアーマーを作成します。

上の写真のような感じですね。

作り方としては上記したサイズより少し大きめに方眼紙に書き起こし

カーボン紙を用いてプラバンに1枚切り出します。

カットしたプラバンをガンダムMk-Ⅲ胸部に両面テープで貼り合わせてはみ出した部分をペンサンダーにペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて胸部と同様のサイズに削りだしていくのが一番ぴったりのサイズに作れると思います。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

まずは上の写真の形状を目指してプラバンをカットしていきましょう。

スポンサードリンク



その2:ダクト部作成

お次はフルアーマー胸部左右のダクトですね。

ココはジャンクパーツからMG F91 Ver.2.0の足首側面のパーツを持ってきました。

サイズ的に少し長めなので2㎜程エッチングソーにて短くしています。

それを胸部左右に貼り付けてやれば・・・

中々イイ感じのダクトになりました。

ココも塗り分けの関係で今は両面テープでくっつけているのみです。

塗装後にアーマー部に接着します。

スポンサードリンク



その3:ディティール追加

最後にディティールを追加していきます。

胸部上面の□の凹モールドと6角形のディティールにダクト下のフィンですね。

胸部上面の□の凹モールドは0.5㎜のプラバンを以下の形状に切り取ってその1にて作成した外装部に貼り付けています。

6角形のディティールは1.0㎜のプラバンを以下の形状にカットしたものを隙間に押し込んで接着しています。

ダクト下のフィン部はまずは1.0㎜のプラバンを以下の形状にカットしたものを

その上に0.3㎜のプラバンを以下の形状にカットしたものを貼り付けてダクト下に接着しています。

接着時は斜めになるように接続部をペンサンダーにて斜めに削ってから接着しています。

上記がすべて完成したら全体をペンサンダーにNo.400→800の順でヤスリがけをしてツルツルに磨いて作業完了です。

スポンサードリンク



現状こんな感じでフルアーマー部が出来ています。

胸部のみだとまだすっきりした感じですね。

ココからゴテゴテと付属パーツを追加していく感じですかね。

お次は腰部ですね。

腰部は色のみであまり大きな変更点は無いと思います。

(サイドスカート除く)

その辺り含めてしっかりとフルアーマーガンダムMk-Ⅲに改造続けていきます!!

【2021/05/12】

腰部改造開始しました!!

HGUC ガンダムMk-Ⅲ → HGUC フルアーマーガンダムMk-Ⅲ 改造・・・ 第3回目ですね。 前回の胸部に続き ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク