HGUC ジムⅢパワードFA<ブルドック> 頭部改造編 【ケッ!自己チュー女が】

少し遅くなっていますが(汗)

まずは HGUC ジムⅢパワードFA<ブルドック> 頭部改造進めていきます!!

頭部に関しては一気にパワードとFA(フルアーマー)分まとめて改造していきますが、改造量としてはあまり多くないためサクッと終われると思います。

スポンサードリンク



その1:とさか縮小

ジムⅢパワードとジムⅢパワードFA<ブルドック>の頭頂部には同様の追加バイザーが付いています。

ジェガンでのエコーズ仕様なんかと似ていますね。

このパーツを取り付けるにあたって HGUCジムⅢ の頭部のままですと出っ張りすぎていて取り付けることが出来ないんですよね・・・・

ですので以下の箇所をペンダンサーにNo.240のヤスリを付けてガリガリと削っていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

以下の写真くらいまで削れれば良いと思います。

このくらい削ったらペンダンサーのヤスリをNo.400→No.800の順で付け替えながら磨いてやればOKです。

スポンサードリンク



その2:バイザー追加

それではその1で削った頭部にバイザーを取り付けていきます。

このバイザーは1.0mmのプラバンで作っていきます。

以下の赤線部を指定したサイズにカットしタミヤセメントで接着しています。

青線部は0.5mmのプラバンにてディティールとして上記が組みあがった後に貼り付けています。

側面も1.0mmのプラバンで作成します。

中央部にあるセンサーっぽい〇モールドは1.0mmのVCドームを埋め込みますが、さすがに無くなりそうなので(笑)

現状はピンバイスにて穴を空けているのみです。

スポンサードリンク



その3:フェイスガード新造

コチラはHGUC ジムⅢパワードFA<ブルドック>専用パーツですね。

フェイスガードを新造していきます。

ココもバイザー同様に1.0mmのプラバンで作成します。

中央部と左右を別々にカットして左右のプラバンの端をペンダンサーにNo.240のヤスリを付けて斜めに削ってから中央のパーツとタミヤセメントで接着します。

HGUC ジムⅢのフェイス部の形状に合わせて貼り付けてください。

中央部の斜線部は設定画に沿ってナナメに削り、側面部は角を取っています。

最後に顎部をスジ彫りにて追加しています。

設定画を見る限り出っ張っていない感じなので今回は0.2mmのMr.ラインチゼルを使用しスジ彫りとして追加します。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

どうでしょうか?

見た目はジムⅢから大きく変わっていますね。

設定画に比べて少々シャープかな?

胴体の影響だと思います(笑)

現状フェイスガードは両面テープでくっつけています。

コンパチ仕様にする場合はこのまま両面テープ方式かなぁ・・・

これだけ小さいとさすがに取り付け・取り外しは難しいですねぇ~

今後の課題と言うことで・・・

[2019/8/14]

ジムⅢパワード 胸部改造開始しました!!

頭部改造に引き続き・・・ まずは HGUC ジムⅢパワード分の胸部改造完了です!! 一応この後のFA<ブルドック&...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク