HGUC ジムⅢパワードFA<ブルドック> ジムⅢパワード胸部改造編 【奴は手負いだ!包囲しろ!】

頭部改造に引き続き・・・

まずは HGUC ジムⅢパワード分の胸部改造完了です!!

一応この後のFA<ブルドック>とのコンパチ用に取り外し可能としている感じです。

さっそくの改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:胸部センサー削除

ジムⅢの左肩部には大型のセンサーが付いています。

ココは ジムⅢパワード では付いていないので削除してしまいます。

ニッパーなどでざっくりとカットした後にアルテコ瞬間接着パテにて埋めます。

・・・最近アルテコ瞬間接着パテの取り扱いが無くなっていますね・・・・

なにかあったのでしょうか?

代わりとしては ウェーブ パテ革命 モリモリ を使用しても問題ありません。

はみ出した箇所はNo.240のヤスリを付けてガリガリと削っていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

以下の写真のようにツライチにします。

ツライチになったらペンダンサーのヤスリをNo.400→No.800の順で付け替えながら磨いてやればOKです。

スポンサードリンク



その2:胸部上面アーマー追加

ココは取り外しができるように作成する必要がありますね。

基本的には1.0mmのプラバンの箱組みにて作成しています。

取り外せます。

設定画的にはアーマーの上にさらにFAパーツをかぶせているようなのですが・・・

どう考えても着ぶくれしてしまって設定画のような形状にするのは困難だと思います(汗)

ですので今回はどちらかを選択して取り付ける方式としようと思います。

・・・もちろんこの後のFAパーツがうまく作れること前提での話ですけどね(苦笑)

スポンサードリンク



その3:胸部ダクト形状変更

ジムⅢパワードの胸部ダクトはジムⅢと違い装甲に覆われている形状です。

ココは元々のダクトに1.0mmのプラバンを貼り付けて形状を変更します。

中央に0.5mmのBMCタガネにてスジ彫りを入れれば完成です。

スポンサードリンク



その4:腰部形状変更

ジムⅢパワードの胸部と腰部と取り付け部は通常のジムⅢとはディティールが少し違っています。

中央部に向けて凸になっている感じですね。

ココはHGUC ジムⅢの上側の腰パーツをエッジングソーにてカットして形状を変更します。

出来た隙間は下側の腰パーツに1.0mmのプラバンを以下のサイズにカットしたものを貼り付けて埋めています。

貼り付け後はもちろんペンサンダーにてツライチに整えてください。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

ジムⅢパワードとしては後は肩部を改造すれば完了ですね。

結構簡単です(笑)

[2019/8/16]

ジムⅢパワード完成しました。ここからFA作ります!!

頭部改造 胸部改造に引き続き・・・ 今回の改造完了にて HGUC ジムⅢパワード分は改造完了です!! ...

もちろんここからFA<ブルドック>に向かって改造していきます!!

何とかコンパチに出来るように頑張りますので長い目で見てやってください。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク