HGBD ビルドガンマガンダム → HGUC プロトタイプ・リック・ディアス 胸部改造編

少し時間が空いてしまいましたが・・・

HGBD ビルドガンマガンダム → HGUC プロトタイプ・リック・ディアス 改造

前回の頭部改造に引き続き

2020年01月16日 にプレバンより発送開始されたHGBD 1/144 ビルドガンマガンダムを・・・ 前回改造方法に...

今回は胸部を改造していきます!!

頭部ほど大きな改造では無いですが、今回もそれなりに難しい改造になりそうですね(汗)

それではさっそくスタートです~

スポンサードリンク



その1:肩部パイプ変更

プロトタイプ・リック・ディアス は 通常のリック・ディアスと違い肩部が片側2本のパイプになっています。

ビルドガンマガンダムはリック・ディアス同様に平らなベルト状になっているため

ココをパイプに置き換えていきます。

2mmの真鍮線に3mmのスプリングパイプを通して、それを肩部の上側に2.0mmのピンバイスにて開口し埋め込みます。

上の写真はスプリングを取り外した状態ですね。

真鍮線のみ通してある状態です。

スプリングを取り付けると

こんな感じですね。

また前面部はスプリングを抑えるパイプのような形状になっています。

今回は胸部前面にエバーグリーン 半丸棒 直径3.2mm を少し加工して取り付けています。

スポンサードリンク



その2:ダクト部追加

胸部ではプロトタイプ・リック・ディアスとリックディアスの一番の違いですね。

胸部下側にダクトがあります。

ココはホントはくりぬいて作るのが理想的なのですが・・・

胸部ダボの関係でちょっとムリです(汗)

ですのでココはプラバンを貼り付ける形での再現としています。

エバーグリーン製のミゾ付き(カーサイディング)のプラバンに0.5mmの平らなプラバンを貼り付けての再現ですね。

側面はどうしても隙間が出来てしまうためアルテコ瞬間接着パテやモリモリで修正しておきます。

パテは硬化後にペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてキレイにツライチに磨いておきましょう。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

キレイにツライチになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に交換してツルツルに磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:腹部 形状変更

最後に腹部の形状を変更します。

ココは基本エポキシパテにて形状を作成します。

中央部の反対台形型のオレンジのパーツのみプラバンにて作っています。

上底:2mm 下底:1mm 高さ:4mmにカットした1.0mmプラバンを2枚重ねています。

これをエポキシパテの上に貼り付けて形状を出しています。

エポキシパテは多めに盛っておけば上の写真のようにザックリでOKです。

このまま1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて形状出しを行います。

上の写真のようにしました。

合わせてスジ彫りも追加していますね。

赤線部は0.2mmのMr.ラインチゼル、青線部は0.5mmのBMCタガネ、緑線部は0.3mmのBMCタガネにてスジ彫りを追加しています。

スポンサードリンク



以上にて胸部改造は終了となります。

量は少なめですが結構難しい改造になります。

ちなみに今回モノアイをメタルプレート無しに変えていますが、どちらがいいですかね?

(色違っていますが・・)

個人的にはプレート無しの方が設定画には近い感じだと思います。

もう少しモノアイを表に出したほうがより似てくるかな?

この辺りも合わせて修正してみようと思います。

【2020/02/04】

腰部改造開始しました!!

HGBD ビルドガンマガンダム → HGUC プロトタイプ・リック・ディアス 改造 第3回目 前回の胸部改造に...

それでは残りも頑張って改造していきましょう~

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク