司馬懿デスティニーガンダム 【SD三国創傑伝】 上半身改造編 【この力の実験台になってもらいましょう!!】

SD三国創傑伝 司馬懿デスティニーガンダム 改造第2回目です!

頭部に続き

2021年02月27日 に一般販売が開始された SD三国創傑伝 司馬懿デスティニーガンダムです!! レビューに続き ...

上半身の改造です。

頭部改造から少し時間が空いてしまいましたがここからは一気に完成まで持っていきます!

それではさっそく改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:〇モールド開口

頭部改造でも少々書きましたが、司馬懿デスティニーは各部に〇モールドが存在します。

上半身だと上の赤矢印部ですね。

SDと言うこともあり全体的に薄めのモールドになってしまっているため、これらを開口してしっかりとした見た目にします。

胸部の2か所は1.0㎜のピンバイス

肩部のモールドは 1.5㎜のピンバイスにて開口していきます。

はっきりとした印象になりました。

スポンサードリンク



その2:シャープ化

お次はシャープ化ですね。

シャープ化する箇所は

肩部と・・・

ウイング部ですね。

クリアパーツ以外はある程度ニッパーでカットしてから

他の箇所は最初からペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープ化していきます!!

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

こんな感じですね。

クリアパーツはかなり固いプラスチックなのでNo120から削り始めても良いと思います。

上の写真くらいになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その3:肉抜き穴埋め

SD三国創傑伝キャラは基本的に腹部及び上腕裏側に肉抜き穴が開いています。

司馬懿デスティニーも例外なく開いているのでココはエポキシパテにて埋めていきます。

また、ウイング部の基部も肉抜き穴があるためこちらも埋めておきます。

1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて磨いていきます。

上記くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その4:肩部 合わせ目消し

お次は合わせ目消しですね。

司馬懿デスティニーの肩パーツは左右の挟み込み式になっているため中央部に合わせ目が出ます。

一内側はパーツをさらにかぶせるため見えなくなりますが外側は結構目立ちます。

ココは以下の赤線部に瞬間接着パテを塗り瞬間接着剤硬化剤にて固めます。

瞬間接着パテが硬化したらペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてツライチに磨きます。

上の写真くらいになればヤスリをNo.400→800の順に交換しながらツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その5:手部変更

コチラもSD三国創傑伝では簡素なパーツのためジャンクパーツから気に入った形状のモノに置き換えています。

今回は左手に握り手を追加しています。

司馬懿デスティニーは右手に を取り付け、開くようにするため逆の手は握り手としました。

スポンサードリンク




以上にて今回の改造は終了となります。

それなりに改造量が多めですね。

司馬懿デスティニーに限らず三国創傑伝のキットはゴールド及びクリアの成型色のパーツが多いためヤスリがけが大変になるケースが多いです。

そのため時間がかかることが多いので少しずつ作業進めていくと良いと思います。

これで残すは下半身のみですね・・・

あと少しですので一気に改造進めていきます!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク