MG ガンダムMk-V 腰部改造編 【インコムかッ】

MG ガンダムMk-V 改造第3回目は・・・

胸部改造に続き

MG ガンダムMk-V 改造第2回目ですね。 頭部改造に続き 今回は胸部の改造していきます! 今回も基本的...

腰部の改造していきます!

今回は少し形状変更していく箇所が多めです。

それではさっそく改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:フロントアーマー ダクト部形状変更

まずはフロントアーマー・・・と言うか内部フレーム?中央部にあるダクトですね。

MG ガンダムMk-Vは正面及び上面につながるように凹モールドになっていますが、今までのガンダムMk-Vだと斜めにダクトが付いている形状だったと思います。

ココは一度エッチングソーにて斜めに削り落としてダクトを取り付けます。

ダクトはWAVE Uバーニア フラット 4 長方形 の「9×13.5」を取り付けています。

サイズを合わせると裏側が透けてしまうくらいになると思いのでその辺りは瞬間接着パテを盛って瞬間接着剤硬化剤にて固め隙間を埋めています。

はみ出した箇所及び緑斜線部はペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてシャープ化しています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨きそこにディティールアップパーツを貼り付けています。

スポンサードリンク



その2:フロントスカート メタルパイプ埋込

お次はフロントスカートですね。

元々ある〇モールドにメタルパイプを埋込ます。

ココは2㎜のピンバイスにて開口し

2㎜のメタルパイプを埋込ます。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その3:サイドスカート 形状変更

サイドスカートの形状ですが、中央部のスラスター接続部ですね。

ココは上面が丸まっています。

ココも今までは角ばっていたと思いますのでプラバンを貼り付けて形状変更します。

1.0㎜のプラバンを2枚重ねてタミヤセメントにて貼り付けています。

この状態からペンサンダーにNo.240のヤスリを付けて削りこんで・・・

上記形状になったらNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨き、

ココに1.5㎜のピンバイスにて開口し

面取りビットにて周囲を整え

1.5㎜のメタルパイプを埋込ます。

現状は置いているのみなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

スポンサードリンク



その4:バーニア ピン追加

合わせてサイドスカート部のバーニアにピンを追加してディティールアップします。

1.0㎜のピンバイスにて開口し1.0㎜の真鍮線を埋め込んでディティールアップしています。

真鍮線は専用のニッパー及びヤスリにてカット・面だしを行いましょう。

スポンサードリンク



その5:股関節部〇モールドディティールアップ

最後に股関節部下側にある〇モールドにエッチングパーツを貼り付けてディティールアップします。

上の写真の赤○部に貼り付けます。

現状は置いているだけなので塗装後に樹脂製の接着剤にて接着します。

簡単な改造ですが、片側6個両側で12個取り付けるため少々面倒ではあります(汗)

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

何気に形状が変更されてきたと思います。

次回の腕部もそれなりに形状を変更していくためその辺りまで出来れば見慣れたガンダムMk-Vになってくるかと思います。

今回にて改造も大体半分くらい過ぎました。

残り半分・・・

頑張って改造進めていきましょう!

【2021/05/06】

腕部改造開始しました!!

MG ガンダムMk-V 改造第4回目は・・・ 腰部改造に続き 腕部の改造していきます! ・・・腕部と言うよ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク