HGAC ガンダムデスサイズ → HGAC ガンダムデスサイズヘル 胸部改造編 【コロニーじゃ月がはっきり見えすぎて、まるで墓場みたいだった】

HGAC 1/144 XXXG01D ガンダムデスサイズ → HGAC ガンダムデスサイズヘル 改造第2回目は・・・

頭部改造に引き続き

胸部を改造していきます!!

全体の改造の中で一番大変な箇所ですね・・・

気合を入れて改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:胸部上面 ディティール追加

胸部中央部・・

コックピット上側ですね。

デスサイズヘルはデスサイズと違い少し凸になっている形状です。

ココは1.0mmのプラバンをタミヤセメントにて貼り付けて形状変更しています。

前方はラインに沿ってカットしています。

後ろ側は写真のようなサイズにてカットしディティールとしています。

接着して1日程度放置しセメントが硬化したらラインに沿ってペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてヤスリがけをしてツライチになるようにしています。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その2:襟部形状変更

お次は襟部ですね。

デスサイズはマシンキャノンが付いていますが、デスサイズヘルではオミットされ少し襟が前に伸びるような形状になっています。

ですのでまずはマシンキャノン部をポリパテにて埋めておきます。

1日程度放置しモリモリが硬化したらペンサンダーにてその1同様にツライチに磨き前面に1.0㎜のプラバンを貼り付けてディティールを追加します。

上記サイズにカットしたプラバンを貼り付けて作業完了です。

スポンサードリンク



その3:ダクト部ディティール追加

さて・・・

デスサイズヘル一番の難点ですね・・・

肋骨のようなディティールをダクト周りに追加していきます。

ダクト部のディティールはその2の写真でも写っていましたがペンサンダーにて平らに削り取っておきます。

ココにエポキシパテを盛って形状を作成していきます。

ある程度のざっくりした形状を盛りつけて半硬化するまで6時間ほど待ちます。

エポキシパテがあまりべたつかなくなりデザインナイフでスッと切れるくらいになったら余分な箇所をカットして形状を作成していきます。

カットしすぎたり、エポキシパテが欠けてしまったりしたら再度エポキシパテやポリパテを盛って形状出しを繰り返します。

イイ感じになったらペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて慎重に磨きましょう。

この後はNo.800のヤスリに付け替えてツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は完了です。

肋骨部は最後まで修正しながら作成していくと思います。

ココはやはりキモですね!!

なるべくカッコイイ形状目指して最後までいじくってみたいと思います。

次回はクローク部と腰部を合わせて改造していこうと思います!!

【2021/06/07】

腰部改造開始しました!!

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク