HGIBO ガンダムグレモリー 脚部改造編

HGIBO ガンダムグレモリー 最後の改造です。

前回の腕部改造に続き・・・

HGIBO ガンダムグレモリー 改造第4回目です。 前回の腰部改造に続き・・・ 腕部を改造していきます!! ...

残った脚部を改造していきます!!

少々間が空いてしまいましたが、ラストです!!

さっそく改造スタートです!!

スポンサードリンク



その1:アンクルガード 肉抜き穴埋め

まずはアンクルガードですね。

裏側から見ると肉抜き穴が開いています。

かなり目立つためココは0.5㎜のプラバンを貼り付けて埋めておきます。

まずは少し大きめにカットした0.5㎜のプラバンをタミヤセメントにて貼り付け

1日程度放置してセメントが硬化したら、はみ出した箇所をニッパーなどでカットしペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてツライチに磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらヤスリをNo.400から800変えツルツルになるまで磨けばOKです。

スポンサードリンク



その2:足部 肉抜き穴埋め + シャープ化

お次は足のつま先を改造します。

爪が2本突き出ているような形状です。

裏から見ると肉抜き穴があり、また先端も結構丸まってしまっているため肉抜き穴を埋めつつ先端をシャープ化します。

ココはエポキシパテを埋め込んでいきます。

二股に分かれていますが全体的に埋め込んで、エポキシパテが硬化した後にホビー用のこぎりやデザインナイフにて二股に分ける方法がやりやすいかと思います。

その1同様に先端をペンサンダーにてシャープに削り、表面を整えれば作業完了です。

スポンサードリンク



その3:バトルアンカー 形状修正 + オリジン化

最後にバトルアンカーを改造します。

先端部が各部丸まっています。

中央部はペンサンダーにて削れば良いのですが、アンカー部は合わせ目も出ているため瞬間接着パテを盛ってくっつけます。

しっかりと盛ったら瞬間接着剤硬化剤を使い固めてます。

後はペンサンダーにて先端を尖らせていけばOKです。

シルバーのパーツは素材が固いためヤスリはNo.120→240→400→800の順で磨いていくと良いかと思います。

合わせて今回はパーツ請求にてこのアンカー部を取り寄せグレモリー オリジンとして復活させました!

スポンサードリンク



以上にてすべての改造は終了となります。

すこし時間が空いてしまった関係で?

実際はほぼほぼ塗装まで完了している状態です。

明日には完成品をお見せ出来ると思いますので、お披露目まで少しだけお待ちください。

【2021/11/11】

完成しました!!

HGIBO ガンダムグレモリー ・・・ 完成です!! やっぱり鉄血系のキットは基本出来が良いですね! かなり特殊な...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク