MG ガンダムF90 → MG ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様 胸部改造編 「ネオジオン第2の反乱の時、俺は見た!」

頭部に引き続き

少々お待たせしましたが MG ガンダムF90 → MG ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様 改造!! 頭部改造からスター...

MG ガンダムF90 → MG ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様 改造!!

今回は胸部の改造です。

それほど改造箇所は多くないのですが、意外と面倒な改造箇所が多いです(汗)

じっくりと改造進めていきましょう!!

スポンサードリンク



その1:首部パイプ追加

ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様 はジオン軍の特徴であるパイピング処理が首回りにほどこされています。

ココは最終的にグレーに塗装するのでメタルパイプでは無く安めのビーズを使用しています。

・・・ラフレシアの触手用に大量に購入してモノを使っています(笑)

1.5mmのビーズを0.8mmの真鍮線に通してパイプを作成しています。

写真の赤線部でエッジングソーにて襟をカットし、グルリと一周パイプを回しています。

最終的には樹脂製の接着剤で接着して塗装する予定です。

スポンサードリンク



その2:胸部ダクト形状変更

ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様 のダクト部周辺はイエロー単色となり、F90のような2重装甲ではなくなっています。

ココは元のダクト部二つをまとめて「モリモリ」で固めていきます。

こんな感じですね。

もちろんパテが硬化したらペンサンダーにて火星独立ジオン軍仕様風に削りだしていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

形状出しはNo.240のヤスリにて行い、形状が出たらペンサンダーのヤスリをNo.400→800と順番に付け替えながらキレイに磨いておきます。

スポンサードリンク



その3:胸部ダクト横 凹ディティール埋め

MG F90は先ほど改造したダクト横上側に三角形の凹モールドがあります。

ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様では、この部分は埋められているため設定通りに埋めてしまいます。

1.0mmのプラバンを2mm×2.5mm×2.5mmくらいのサイズにカットしてタミヤセメントで貼り付けています。

セメントが硬化したらココも当然ツライチにペンサンダーにて磨いておきましょう。

スポンサードリンク



その4:横腹スラスター埋め

設定画を見るとF90特有の横腹にあるスラスターが削除されていますね。

ココはモリモリにて埋めてしまいます。

また、その3にて凹部を埋めた関係上で内部に接続するパーツを一部取り除く必要があります。

上の赤斜線部をモリモリにて埋め、赤点線部をニッパーなどでカットします。

モリモリを埋めすぎると後で〇モールドに接続できなくなるため調整しながら埋めてください。

どうしても埋まってしまってくっつかない場合は〇モールド部をニッパーなどでカットしてしまってもOKです。

凸部にて胴体後ろのパーツと接続はできますので・・・

パーツを接続するとこんな感じですね。

スポンサードリンク



以上にて胸部改造は終了となります。

MG F90 は各パーツの組み付けが結構キツめ及びパーツごとのはめ合わせが特殊なため改造時にパーツとの兼ね合いを考える必要が結構あります。

今回もダクトや脇のスラスターなどはうまくはまらず何度かやり直しています。

各部パーツ同士のクリアランスを考えながら作業してみましょう。

この調子で残りの箇所の改造進めていきます!!

[2019/09/06]

腰部改造開始しました!!

MG ガンダムF90 → MG ガンダムF90火星独立ジオン軍仕様 改造・・・ 胸部に引き続き 今回は腰部を改造...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク