フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP バックパック改造編

ガンダムSEED フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP 最後の改造です。

前回の脚部改造に続き

ガンダムSEED フルメカニクス フリーダムガンダム Ver.GCP 改造第5回です。 前回の腕部改造に続き 脚...

残ったバックパックと武器類を改造していきます。

それほど大変では無いのでサクッと終わらせていきましょう!

それでは早速改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:バックパック パーティングライン消し

まずはバックパック中央部に出ているパーティングラインを消します。

他の箇所同様にディティールに乗っているため一度ディティールごと消したいのですが、少々難しいディティールのためヤスリがけにて頑張って消しています。

ディティールが無い箇所で広めの箇所はペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてツライチに削り落とします。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

ツライチになったらヤスリをNo.800のヤスリを変えツルツルになるまで磨きます。

ディティールがある箇所及び段差になっている箇所はデザインナイフ及び紙やすりを折りたたんだものを使い丁寧に処理しています。

やはり番手はNo.400が良いと思います。

場所的にそれほど大きくないため根気を入れて処理してみましょう。

スポンサードリンク



その2:ウイング部 シャープ化 + 〇モールド開口

まずはウイング部の先端ですね。

残念ながら全体的にかなり丸まっているためシャープ化は必須です。

ニッパーで少し先端をシャープにカットした後にペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてシャープに磨いています。

また各所にある〇モールドは1.5㎜のピンバイスにて開口しています。

最終的にこんな感じになりました。

スポンサードリンク



その3:MA-M20 ルプスビームライフル ディティールアップ

お次はMA-M20 ルプスビームライフル をディティールアップします。

パーツ的にウイング部もそうなんですがヒケがかなりスゴイので改造前のヤスリがけは必須ですね。

今回は〇モールドの開口と

銃口部に2.5㎜のメタルパイプ、センサー部に1.0㎜のVCドーム + メタルプレートを貼り付けてディティールアップしています。

現状は両面テープにて貼り付けているのみなので接着は塗装後に樹脂製の接着剤にて行います。

スポンサードリンク



その4:対ビームシールド ディティールアップ

最後に対ビームシールドをディティールアップします。

側面のレッド部先端とシールド本体の下側はシャープ化し、下側の凸部〇モールドは一度削り落としてエッチングパーツに置き換えています。

見えませんが中央部のレッドのパーツの側面の〇モールドは1.0㎜のピンバイスにて開口しています。

スポンサードリンク



以上にてすべての改造が終了となりました。

なんやかんやとフリーダムも大きいですね。

さてこれから塗装に入ります。

結構塗り分けが多いため大変ではありますが、より密度感を出すためになるべく設定通りに塗り分けしていきたいと思います。

今回は付属のテトロンシールも使って立像っぽくしていこうと思います。

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク