黄忠ガンダムデュナメス → ガンダムデュナメス 頭部改造編

ちょっと今更な感じもありますが・・・SD三国創傑伝 黄忠ガンダムデュナメスを通常のガンダムデュナメスへ改造していこうと思います!!

レビュー時にも書いていますが

2021年03月20日 に一般販売が開始された SD三国創傑伝 黄忠ガンダムデュナメスです! お値段660円(税込)!! ...

アルセーヌガンダムX同様にかなりノーマルのガンダムデュナメスに近い造形になっています。

そのため今回は黄忠ガンダムデュナメスから通常のガンダムデュナメスSD版へ改造していこうと思います!!

まずはいつも通り頭部から改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:髭部カット

上記したように黄忠ガンダムデュナメスはかなりガンダムデュナメス寄りの作りになっています。

頭部の中で大きく違う箇所は髭ですね(笑)

このパーツはカットしてしまいます。

裏側から見ても肉抜き穴も無いためニッパーなどでざっくりとカットし

ペンサンダーにNo.240のヤスリを付けてガンダムフェイス状に磨いておきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.400→800に付け替えツルツルに磨いておけばOKです。

合わせてフェイス部にラインを追加しておきます。

0.2㎜のMr.ラインチゼルにてスジボリを追加しています。

スポンサードリンク



その2:アンテナ部 形状修正

アンテナに限った話ではないのですが、各部中国的なディテールが追加されているため、通常のガンダムデュナメスに戻す際にはこれらを削除していきます。

アンテナ部は合わせて先端を尖らせるようにペンサンダーにNo.120のヤスリを付けてシャープ化します。

中央部下側に凹部のディテールがあるためココは瞬間接着パテを使い埋め、瞬間接着剤硬化剤にて固め平らにします。

このゴールドのパーツはかなり固くヤスリがけしづらいためしっかりと磨いていきましょう。

上の写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.240→400→800に付け替えツルツルに磨いておけばOKです。

スポンサードリンク



その3:トサカ部 形状変更

お次はトサカ部ですね。

チョンマゲ部を根元よりエッチングソーにてカットします。

穴が空いてしまうためエポキシパテにて埋めていきます。

多めにエポキシパテを盛って1日程度放置してエポキシパテが硬化したらペンサンダーにNo.120のヤスリを付けてツライチに磨いています。

アンテナ部同様に不要なディテールをペンサンダーにて削り落としツライチに磨けたらヤスリをNo.240→400→800の順にヤスリを変えながらツルツルになるまで磨けば作業完了です。

合わせて側面部グリーンのパーツについているディテールも同様の方法にてそぎ落としておきましょう。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

黄忠ガンダムデュナメスのときは頭部が面長に見えましたが髭を沿ったらSDらしい丸顔になりました。

結構イケメンフェイスですね。

こんな感じで残りの箇所も通常のガンダムデュナメスへ改造していこうと思います!!

【2022/03/11】

胸部改造開始しました!!

SD三国創傑伝 黄忠ガンダムデュナメス → ガンダムデュナメス 改造第2回目です。 前回の頭部改造に引き続き・・・ ...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク