MG リックドム Ver2.0 レビュー 開始!!

2022/03/12 に発売されたされたMG リックドム・・・

名前についてはVer2.0としていますが、製品名としては「MG リックドム」であり2022年版とかVer1.5とかでも呼ばれているようですね。

お値段 5,500円(税込)。

以前発売されたMG リックドムが一部アップデートされての登場となります!!

それではさっそくのレビューです!!!

スポンサードリンク



外箱

まずは正面から

旧パッケージから変更されていますね。

側面です。

説明書

説明書も変更されています。

スポンサードリンク



ランナー

Aランナーです。

Bランナーです。

Dランナーです。

Eランナーです。

Fランナーです。

Hランナーです。

Iランナーです。

Jランナーは2枚です。

Kランナーも2枚です。

Nランナーです。

Oランナーはドムとザクパーツが1枚ずつ付属です。

R1・R2ランナーです。

Tランナーは(写真には1枚しか映っていませんが)2枚です。

U1ランナーです。

Mパーツ(ポリキャップ?)・Wパーツ・エモーションマニュピレーター・ジュエルシール・ポリキャップ・水転写シールです。

スポンサードリンク



キット

それでは本体キットの4面をグルリと

斜めから

カトキ立ちにて

アップです。

あおり目にて

文字を入れて

スポンサードリンク



ポーズ集

ポーズを付けて何枚か

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

首部は20度、下側は5度くらいと意外と動きます。

左右は30度ほどとほぼ動きません。

代わりにモノアイが十字に稼働します。

レッド部パーツを外して動かす方式ですね。

●胸部

前10度、後30度程

左右は20度ほどです。

●腕部

肩部は100度、肘部は160度度、手首はグルリと20度と旧バージョンと比べて左記箇所は少し可動範囲が増えました。

また前面への引き出し機構も追加され30度ほど引き出し可能です。

●腰部・足部

股関節部はボールジョイントから軸可動に変更され左右120度開きます。

足部は左右10~20度程度であまり動きません。

前後は前90度、後ろはリアスカートが大型のため60度ほど。

足首は前は45度ほど後は5度程度動きます。

足首関節は新規ですね。

●脚部

膝は形状的に100度程度ですね。

足が大型なのもありますが、形状的に片膝立ちは無理ですね。

股関節部にスイング機構が設けられているため旧バージョンよりは可動域広めです。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

基本旧バージョン同様ですね。

元々良く出来たいたため問題は無いです。

シールが水転写デカールのみとなったため、モノアイに貼るシールも水転写シールとなっていますがクリアピンク成型のためあまり必要ないかな?

●胸部・腕部

全体的に新規パーツ多めです。

見た目上はあまり変わりませんが肩部の可動部に合わせて外装も変更されています。

肩部の凸モールドが削除されていますね。

もちろんコックピットハッチは開き、パイロットフィギュア付属です。

肩部は新規パーツとなり上に出ていた合わせ目が無くなりました。

また下腕部は内部フレームが新造され外装を取り付ける形に変更されています。

大きな変更点ですね。

手部はエモーションマニュピレーターとなり、少し小型になっています。

●腰部・脚部

腰部は外装は旧バージョンままですね。

大きなリアスカートも内側含めてそのまま。

先ほども書きましたが内部フレームは大きく変更され脚部との接続部は軸且つスイング機構が組み込まれています。

脚部は股関節接続部が軸に変更されたことに合わせての変更暗いですね。

足裏も以前のままです。

●武器類

ヒートサーベルにジャイアント・バス、ビーム・バズーカですね。

ジャイアント・バスはMG高機動型ザクVer.2.0に付属しているものに持ち手がエモーションマニュピレーター用に変更されたものとなります。

ヒートサーベルも同様。

ビーム・バズーカは旧バージョンままかな。

スポンサードリンク



作成

作成は大型キットではありますが、機構としては昔のキットベースなのでそこまで大変な部類では無いですね。

1パーツ自体はかなり大きめです(笑)

ワタシは2時間くらいで作れましたが、3時間くらい見ておくと良いと思います。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は83と言った感じです。

カッコよさ:90点

作りやすさ:85点

値段          :80点

遊びやすさ:80点

と言ったところです。

カッコよさに関しては文句なしにカッコイイドムですね。

ドムは出来の良いキットが多くて良いなぁ・・・

作りやすさとしては上記していますが、元々のキットがだいぶ古いため今目線で見るとアップデート部分を追加してみてもそれほど大変では無いかと思います。

余剰パーツがかなり出るためその辺りで迷う可能性はありそうなので、しっかり説明書を読む必要はありますね。

値段としては現状このくらいかなって感じがしますね・・・

旧バージョンを知っていると、ちょっと高いかとは思いますが絶版になるよりは良いですね。

遊びやすさとしては可動域が増えましたが、欲を言えばもう少しポージングの幅は広げて欲しいですね。

武器は大型のモノが多いため肩に引っ掛かってしまうのでポージングが難しいですね。

形状とのバランス取りは大変そうです・・・

スポンサードリンク



以上

MG リックドム 2022版 レビューでした!!

基本は旧バージョンにMGドワッジにて改良された箇所を追加したキットとなります。

まぁドムに関しては旧バージョンからほぼほぼ決定版的な位置づけにあったので、この作りで良いんだろうなって感じですね。

さて、それではこのキットもこれから改造に入ります!!

ちょっと別時空のドムを作っていこうと思っています。

設定よりもどっしりめにはなりそうですが、それはそれで面白いかな?と思っております。

【2022/03/14】

MG リックドム → ドムトルーパー 改造開始しました!!

2022/03/12 に発売されたされたMG リックドム・・・ レビューでも少し書いたように・・・ 今回はドムト...
2022/03/12 に発売されたされたMG リックドム・・・ MG ドムトルーパー へと改造していきます!! 1/10...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク