HG ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) レビュー開始!!

2021年12月16日にプレバンより発送が開始された 「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」よりHG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)のレビューとなります!!

お値段 2,750円(税込)となっております。

やっとの発売となった最終決戦仕様・・・

さっそくレビュー開始です!!

スポンサードリンク



外箱

残念ながら単色のパッケージです。

側面です。

説明書

コチラも単色の説明書です。

スポンサードリンク



ランナー

Aランナーです。

B1ランナーは2枚付属。

Cランナーは3枚付属です。

D1・D2ランナーです。

Eランナーです。

F1・F2ランナーは新規ですね。

F3も新規ランナーにポリキャップとシールです。

スポンサードリンク



本体

それでは本体をグルリと。

斜めからグルリと

カトキ立ちにて

アップです。

あおり目にて

文字を入れて

スポンサードリンク



ポーズ

それではポーズを決めて何点か

スポンサードリンク



可動範囲

●頭部

上30度 下10度くらい。

左右回転は襟部に若干引っ掛かりますがグルリと一周回せます。

●胸部

前は10度、後30度ほどです。

左右は20度ほど動きます。

新規のバックパックから伸びた増設されたホルスタービット接続部は基部がポリキャップにて回転し

ホルスタービット接続部側は軸回転 + 90度ほど可動域が確保されておりかなり柔軟に稼働します。

元々肩部があまり動かないキットのためそれほど干渉はしませんね。

●腕部

肩部で80度、肘部で100度、手首は別間接となっており45度ほど内側に可動し手首自体はグルリと20度程度です。

●腰部・脚部

股関節は左右180度、足首は足首は内外45度と良く曲がります。

前後は構造的には180度開くのですが前は80度以上上げるとフロントスカートがポロリしますね。後ろ側はホルスタービット接続部が邪魔をして60度くらいですね。

足首は前20度、後ろ45度くらいです。

アンクルガードも可動式です。

膝は160度ほど曲げられるので立膝は問題無しです。

腰部後ろのホルスタービット接続部はGNバーニア基部とホルスタービット基部での2重可動にて柔軟に稼働します。

バーニア側はある程度の角度で止められるようにラッチが3か所付いています。

スポンサードリンク



ギミック

●頭部

色分けはほどほど・・・

クリアパーツはクリアパープルにして欲しかったですね・・・

頭部はアンテナとトサカを動かして狙撃形態に出来ますがセンサーはシールでの再現

●胸部・腕部

コチラも色分けはほどほど。

胸部装甲は可動式で内部にGNミサイルがモールドにて再現されています。

中央部にGNドライブも見えます。

肩部及び下腕の外側のグレー部はシールでの再現ですね。

肩部センサーは差し替えにて露出状態に出来ます。

手は握り手のみ付属なのは変化なしです。

●腰部・脚部

コチラも色分けはほどほど・・・

フロントスカートなどは塗り分けてやる必要がありますね。

シールも付いてきません。

スネ部は前後に合わせ目が出ますね。

足裏はつま先のみ肉抜き穴があります。

●武器類

GNホルスタービットがニコイチのモノが4つ、個別のモノが6つ付属

ビット形態のGNライフルビットⅡが4基付属し先端を外してホルスタービットに収納できます。

GNライフルビットⅡは上記のビット形態の他に持ち手が付いた状態のモノがさらに2つ付属します。

コチラは元々のサバーニャからの流用のため作りは同じです。

GNホルスタービットをシールドのように飾るためのパーツが付属しますが基部が付いていないためケルディムから流用するのも通常版同様です。

スポンサードリンク



作成

キット自体は10年以上前のキットの流用のため、少々古臭さを感じる箇所はありますが、この頃のキットは現在の目で見ても結構出来が良いためそれほど大変では無いかな?

個人的には肘関節を下腕に差し込むところが少し難しい感じがします。

00のキット特有な問題ですね。

また武器類がかなり多いためそれらを作るのにだいぶ時間がかかります。

1時間半くらいでの完成でしたが30分は武器を作っていました。

スポンサードリンク



総合評価

そんな訳で、今回オススメ度は86点です。

カッコよさ:90点

作りやすさ:85点

値段          :85点

遊びやすさ:85点

と言ったところです。

カッコよさに関しては、現在の目線で見ても良く出来ていますね。

サバーニャ自体にシャープなパーツがあまりないことからHGでも見栄えは良いです。

作中ポーズをもう少し取れるような台座などがあるとより良かったですね。

作りやすさに関しては上記していますが現在のキットに比べると少しだけ見劣りはしますが、難しいということは無いと思います。

ポリキャップが多いのでその辺りが煩雑かな?と思うくらいですね。

但しパーツが多いためそれ相応に時間はかかると思います。

値段についてはプレバンキットとしてみると安い感じがします。

送料込みでいつものプレバンキットの値段かな?って気がします。

バリエーションキットと言うこともあり値段が抑えられているのでしょうか?

ブンドドに関しては武器類も多いためブンドドしがいがありますね。

とは言え各パーツ保持するための支柱などは付いていないためそれらを買い揃えるのにそれなりに金額がいきそう(笑)

ホルスタービットはすべて個別が理想でしたがこの辺りは値段との兼ね合いですかね?

以上!!

HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) レビューでした!!

10年以上の時を経てやっと発売された最終決戦仕様です!!

待たれていた方も多いんじゃないでしょうか?

これにて001期から劇場版まで概ねのキットが立体化されたことになります。

今後はHGADとしてのリメイクを期待したいところですね・・・

それではこのキットもこれから改造していきます!!

上記していますができれば劇中のポーズ再現目指して各部改造していきたいと思っています。

【2021/12/20】

改造開始しました!!

2021年12月16日にプレバンより発送が開始された HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様)・・・ 早速改...
HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) 改造第2回目です。 前回の頭部改造に続き 胸部の改造...
HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) 改造第3回目です。 前回の胸部改造に続き 腰部の改造...
大分時間が空いてしまいましたが・・・ HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) 改造第4回目です。 前...
HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) 改造第5回目です。 前回の腕部改造に続き 脚部の改造...
HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) 最後の改造です。 前回の脚部改造に続き バックパック...

【2022/03/31】

完成しました!!

HG GUNDAM00 ガンダムサバーニャ(最終決戦仕様) ・・・ 完成です!! 長々と時間をかけてしまいましたが(汗)...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク