HG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット 【ガンダムAGE-2 アルティメス】胸部改造編

ガンダムAGE-2 アルティメス 改造 第2回目です・・・

前回の頭部改造に引き続き

プレバンより2022/03/15 に発送されたHG ガンダムAGE-1 レイザー & ガンダムAGE-2 アルティメス セット・・・...

胸部を改造していきます!

ベースは頭部同様 AGE-2となりますのでMG的なディテールを追加していこうと思います。

それでは胸部改造スタートです~

スポンサードリンク



その1:プラバンでのディテール追加

AGEシリーズはMG版も作りが少々変わっておりそれほどディテールが多いわけでは無いですが、それでもHGと比べれば細かくなっています。

まずは凸モールドを肩部及び胸部側面に追加します。

下記の形状に0.3㎜のプラバンをカットしタミヤセメントにて貼り付けていきます。

1日程度放置してしっかりと接着したらはみ出した不要な部分をペンサンダーにNo.400のヤスリを付けて丁寧に削り取り磨いていきます。

初めて本ブログをご覧になった方は以下の記事を見てペンサンダーの使い方を確認してみてください。

<2017年9月 内容更新> 今回はガンプラをスクラッチするために必須な工具であるヤスリについて解説します。 ヤスリは「紙ヤスリ...

ペンサンダーはヤスリがけを簡単に行えるようにする機材になります。

また、ホワイトのパーツ端に同じく0.3㎜のプラバンを上底:1㎜ 底辺:2㎜ 高さ:2㎜にカットしたものを横にしたものを貼り付けています。

上記写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けば作業完了です。

スポンサードリンク



その2:スジボリ追加・掘り直し

お次はスジボリの足りない箇所及び薄い箇所を修正します。

赤点線部には追加、緑点線部は掘り直しですね。

ホワイト部は0.3㎜のBMCタガネ、それ以外は0.2㎜のMr.ラインチゼルにて作業しています。

また上面部は首根元を段付きにデザインナイフにて1㎜程ケガキ、上記同様に赤点線部は0.3㎜のBMCタガネにてスジボリを掘り直しています。

スジボリをする際はスジボリする面をNo.400のヤスリを付けてペンサンダーにて磨き→洗浄→乾燥→スジボリ→No.800のヤスリを付けてペンサンダーにて磨いて仕上げると綺麗に作業できると思います。

スポンサードリンク



その3:シャープ化・合わせ目消し

HGであるため各部少しずつ丸まっていますね。

胸部では上面の先端部及び背中のウイングが気になります。

またウイング部はパーティングラインが出ているため一緒に消してしまいます。

ココはペンサンダーにNo.400のヤスリを付けてシャープ化しておきます。

上記写真のようになったらペンサンダーのヤスリをNo.800に変えてツルツルになるまで磨けばOKです。

見た目的に結構変化があるためお勧めですね。

スポンサードリンク



以上にて今回の改造は終了となります。

上記以外にも全体的に面出しをして角ばった感じに仕上げています。

ガンダムAGE-2は元々細シャープな機体のためその方が似合いますね。

ガンダムAGE-2のウェアは腕・脚に集中しているため次回まではベースの改造となります。

早くアルティメス部分も改造したいですね(笑)

【2022/04/04】

腰部改造開始しました!!

ガンダムAGE-2 アルティメス 改造 第3回目です。 前回の胸部改造に引き続き 腰部を改造していきます! ここま...

それでは・・・

次回を待て!!

スポンサードリンク



関連コンテンツユニット



スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサードリンク
スポンサードリンク